サーフィンの魅力と歴史!2020年東京オリンピックで正式種目

気温が上昇してきて夏を感じられるようになってくきました。

夏といえば、夏祭りやプールやキャンプなどのほかに「海」が楽しいです。

海を愛するサーファーたちは、季節や気温に左右されないで海に集まる人たちです。

サーフィンはウェアさえ高機能ならば、冬でも楽しめるスポーツです。

また、2020年東京五輪にも正式競技となったスポーツですから注目度もうなぎ登りです。

いま話題のサーフィンの魅力に迫ります。

 

■近代サーフィン伝説の人物

サーフィンの歴史はかなり長いのをご存知でしょうか。

実は西暦400年頃からすでに行われていたそうで、ハワイやタヒチに住んでいた、古代ポリネシアの人々が起源だとという説があります。

サーフィンが瞬く間に人気になったのは20世紀になってからで、ハワイ出身のデューク・カハナモクが近代サーフィンの広まりに尽力した伝説の人物でした。

デューク・カハナモクは、1912年のストックホルム五輪、1920年のアントワープ五輪で金メダルを獲得した名選手です。

彼が五輪で獲得した金メダルは競泳選手としてのものです。

とはいっても、「近代サーフィンの父」と呼ばれるほど、レジェンドとして尊敬されている人物です。

 

■サーフィンを広めた理由

人気の観光地でもあるハワイのワイキキビーチでは、近代サーフィンの父と呼ばれたデュークが、ハワイのワイキキビーチを中心に、サーフィンを教えてきました。

また、海での人命救助や海難事故を考慮して、サーフィンの指導と発展に貢献してライフガードの仕事の原点となったそうです。

そして、サーフィンには「それぞれの波には、二人以上が乗ってはいけない」というルールがあります。

これらの基本ルールをきちんと守っていれば事故は起きないと諭していました。

自然を相手にするスポーツだからこそ、危険を回避する方法と考え方を習得することが大切だと教えてきたのでしょう。

 

■2020年の東京五輪

2020年の東京五輪ではサーフィンが正式競技に選ばれました。

これは、若者のライフスタイルに影響を与えているサーフィンを取り込むことによって、新しい層を五輪に取り込もうというねらいがあります。

サーフィンのボードには、大きく分けて2種のものがあります。

ロングボードは、長さ9フィート(約274cm)以上で昔から愛好家が多いです。

一方で、ショートボードは、長さ6フィート(約183cm)前後のもので動きやすさが魅力です。

巧みに扱いやすいショートボードは、よりダイナミックな技がくり広げられるのが魅力です。

2020年の東京五輪ではショートボードが採用された理由は、活動的な動きを楽しめるからでしょう。

世界トップ選手のサーファーが東京で、難易度高いテクニックをみられるのはとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です