日本で犬を飼育する問題と課題、飼育率の現状を激白

世界で犬の飼育頭数が多いとされているのは、アメリカ・ブラジル・中国です。

順位の変動があるにせよ、この3か国が犬の飼育頭数を独占しています。

近年では日本の犬の飼育頭数は減少していて、数年は減り続けるものと考えられています。

一般社団法人ペットフード協会による「全国犬猫飼育実態調査」や厚生労働省による都道府県別の犬の登録頭数と予防注射頭数」を参考にすると、2008年頃をピークに飼育頭数は減っています。

飼い主の義務とされている狂犬病予防注射の接種率は全国で71.4%、最低接種率の沖縄では約50%となっています。

また、畜犬登録しないで飼育されている犬も多いようで、飼育頭数や狂犬病予防接種の実態が判明していないです。

 

■日本で犬の飼い主の割合

一般社団法人ペットフード協会の「全国犬猫飼育実態調査」を参考にすると、自宅での犬の飼育率についても減少しています。

飼い主は2005年の19.4%をピークに、2017年には12.8%まで減少しています。

犬の飼育率の低下には、ペットの高齢化に伴い中高年の世帯になると飼うのをためらう傾向だと考えられています。

子育てや仕事に多忙な若い世代の家庭では、犬の食事や散歩や治療など時間や経済的な余裕がないです。

中高年でも「犬の介護ができない」などの理由から飼うリスクを感じているようです。

年代別の飼育率をみると、50代の飼育率が明らかに低下しています。

近年では晩婚化や高齢出産が増えて50代でも子育て中という家庭も多いこと、犬が長生きすることでお世話と介護が長期化することも飼い主になりたがらない人が増えているようです。

 

■飼育数を上げる必要ない

日本での犬の飼育頭数や飼育率が低下していますが、悪いことではないと思います。

ペット業界などからすれば危機かもしれませんが、なりふり構わず犬を飼わないでじっくり幸せになれる体制を整えるほうが日本には必要でしょう。

日本の犬の殺処分数の多さは世界中で異常な数値だといわれ続けてきました。

犬が飼い主に見捨てられて、殺処分されているなんて残酷すぎます。

まだ多くの犬が人間の自分勝手で殺処分されていますが、徐々に減少傾向のようです。

行政や動物保護団体、ドッグトレーナー、ペットショップなど各方面からさまざまなアプローチが行われ、終生飼育を広めて殺処分数を減らすことに尽力している人が増えているのも事実です。

今の日本では飼育数は減っていても、飼育の質は向上しているでしょう。

ペット産業は躍進していて、愛犬と泊まれる場所も増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です