西野ジャパンに賛否両論!ポーランド戦のパス回し戦略の秘密と裏事情

ロシア開催の現地時間6月28日『FIFAワールドカップ2018』にて、日本代表はポーランドと対戦し、0-1で敗れました。

しかし、決勝トーナメントへ2大会ぶりの進出を決定しました。

同時刻にコロンビア対セネガルが戦っていたのですがその行方を見守りながら、日本代表は後半の終盤になると「パス回し」で時間を浪費する作戦を決行しました。

これに対して、観客席は日本代表にブーイングの嵐でした。

意識調査でも、西野ジャパンが実行した戦略に対して、様々な賛否両論の意見が上がっています。

日本対ポーランド戦で1点を先制された途端に暗雲が立ち込めてきました。

侍ジャパンが決勝トーナメントに進出するためには2点目の失点は許されない状況です。

またイエローカードをもらうことも避けなければいけません。

試合終了までの約10分間をパスを回す戦略を選択した日本代表。

すでにグループリーグで敗退が決まっているポーランドも勝ち試合のため、無理にボールを奪いにこうとしない。

最終的に試合終了のホイッスルが鳴り響き、コロンビア対セネガル戦も終了しました。

その結果、フェアプレーポイントとしてイエローカードの枚数がセネガルよりも少なかった日本の決勝トーナメント進出が決定しました。

試合終了後、西野朗監督は「チームとすれば本意ではないですけど、勝ち上がる中での戦略的だった」と伝えました。

残り時間で日本が得点して自力で決勝トーナメント進出を決めたり、一方でセネガルがゴールを決めれば日本がグループリーグ敗退する可能性もゼロではありません。

西野ジャパンはそのリスクを承知で賭けに出たのです。

評価する意見としては

「試合を見たけど、進出の為どこの国でも同じな手段を選ぶと思います。」

「どの国も同じことを選択するでしょう」

「ゲームのルールを最大に活かした作戦と言えるのではないだろうか」

「これも、正攻法。」

一方で評価しない意見としては

「こんな事で下を向いてやり過ごしてサッカー強国を目指せるのかと素直に思います」

「サッカー選手を夢見て頑張っている子供たちが可哀想」

などのコメントが見受けられた。

「今後ルール改正をして、こういうプレーにはイエローカードを出すべきである」

「ポイントシステムにも問題ありかも」

「FIFAはルールをもっと妥当に変えるべき」

と現行ルールについて疑問を投げかける声もあった。

グループリーグ突破どころか勝ち点さえあげられないと世界中で予想されていたのに、勝ち方がキレイかどうとかどうでもいいでしょう。

日本人であるならば、サムライブルーたちの16強入りを素直に喜んで、誇りに思っても良いと思います。

セネガル戦を終えた西野監督としてはベスト16に照準を合わせたのでしょう。

メンバー入れ替えはコロンビアとセネガルの対戦で引き分けは無いと想定したからでしょう。

終盤観てたけど最後のコロンビアの守備は堅いですし、セネガルの攻撃は可能性を感じなかったです。

おそらくそのような情報が西野ジャパンに入った上での決断だったのでしょう。

緊迫した現場の事情を分かっていない人間たちが勝手な正義感を振りかざしていてもあまり意味を感じません。

猛暑の気候で一生懸命だった選手、決勝トーナメントに進出できなければ袋だたきにあうのをわかっていながら采配した監督。

開幕前に監督就任して、マスコミにも散々叩かれたなかで、意地でもベスト16に入るために選んだ戦術を評価に値します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です