カブトムシ・クワガタの飼う注意点、飼育方法の秘訣

夏休みになると、子どもたちが夢中になるものといえば、夏祭り・プール・かき氷などの楽しみの他に、カブトムシやクワガタを飼うのも夏の風物詩になります。

近所の公園にとまっているのをとってきたり、お祭りで飼ってきたり、自宅の庭やマンションにいたこともあるでしょう。

子どもたちも、お父さんやお母さんもカブトムシやクワガタの飼育方法をあまり知らないかもしれません。

「同じケースの中に数匹入れておいたらそのうちの何匹か死んでいた」なんてことにもなりかねません。今の飼い方で本当に大丈夫ですか?

 

【1】 エサは何が良いの?

飼われていないカブトムシたちは樹木の樹液を吸っています。

家で飼育するときは昆虫ゼリーをあたえるのが良いでしょう。

水分はゼリーでとれるので、食事とは別枠としてお水を与える必要はありません。

カブトムシは食欲旺盛ですから1日に1コ程度を与えるのが適当だと思われます。

食べ残していても毎日替えてあげることをおススメします。

クワガタは、カブトムシより食べる量が少ないので2、3日に1回くらいが目安になります。

昔はスイカとかやっていたが、下痢になり易く早死にさせる原因になりやすいです。

やはり昆虫ゼリーがベストでしょう。

今の時代、百円ショップで飼育に必要な物が殆ど揃えられます。

 

【2】 同ケースにオスを複数入れて問題ない?

同じケースにオスを数匹入れてはいけません。

カブトムシやクワガタのオスを2匹以上入れると、知らない間に戦闘したり足をもぎ取ったり傷だらけになって死んでしまうことがあります。

複数のメスのときはどうなるのか不明ですけどおススメしません。

いずれにしても、一ケースにはオスを1匹だけ飼うようにするべきです。

また、交尾は寿命を縮めるので、卵から育てるつもりが無いなら、オスメスは別にした方が良いでしょう。

 

【3】 ケースの中の土壌は何がいいの?

飼育ケースには昆虫マットという土を高さ5㎝ほど入れておきます。

腐葉土には殺虫成分が入っているものもあるので、殺虫成分が混入していない商品を選択しましょう。

カブトムシやクワガタは乾燥するのが苦手で衰弱してしまいます。

そのため、昆虫マットを敷いた後、霧吹きで土の表面を少しでも湿らせてあげる必要があります。

餌を与えるときに霧吹きするというようなルールを設定しておけば、忘れずに土の表面が湿った状態を保てるでしょう。

 

【4】交尾と産卵

オスとメスを飼って産卵させたいならば工夫が必要です。

産卵目的で飼育する場合は、昆虫マットの高さを15㎝くらい入れる必要があります。

交尾させる時期についてですが、カブトムシが成虫になって、エサを食べる量が増えたら交尾ができるチャンスです。

オスとメスを1匹ずつケースの中に入れてあげましょう。オスがメスの上に乗っていたら交尾していると思われます。

メスが土に潜ったままの状態が数日経っていれば産卵している可能性が高いです。

産卵後に土に潜って卵を損傷させてしまったら台無しなので、交尾が終わったら成虫は別ケースに移すほうが安全です。

 

【5】悪臭!どうする?

昆虫ケースの中が悪臭を放っている場合もあるようです。

その原因の大半は、エサが腐敗していたり、昆虫マットの汚れなどです。

昆虫マットが粘着質になってきたら、そのマットを捨てて、ケースを洗ってから新しい混入マットに取り換えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です