ソシャゲで破産者増加!レアカード獲る為にクレカ使いまくる危険と現状

最近では、電車の車内で器用にソーシャルゲームを操作している人たちをよく見かけます。

夢中になっている男性でも女性でもガチャをやりまくる光景をみることがあります。

有料ガチャの場合、1回300円ぐらいならば、普通に1万円分以上を平気で使いまくるプレイヤーが増えているとは驚きます。

ソシャゲへの課金って、目当てのカードを引くまでは追いかけてしまうのが行動心理学を突いたものでしょう。

 

■分かっていてもガチャが止まらない

ソシャゲでカード破産寸前までしてしまう人がいるとは本当でしょうか?

5ちゃんねるの掲示板によると、ソシャゲとはシャドバ、「シャドウバース」というオンラインカードゲームだそうです。

カード破産寸前まで金銭感覚が麻痺してしまうとは、相当に熱中するほどハマるゲームだと思われます。

100万円や300万円など、ネットゲームに大金を注ぎ込んでいる人がいるとはびっくりします。

ソシャゲ依存症という言葉が定着しつつある昨今、クレジットカードの弊害が浮き彫りになっています。

クレカを使いすぎると、いくら使ったのか実感なくなるのが恐ろしいです。

新しいパックが出るからまた課金するという悪循環に陥るだけです。

一般人に100万使う価値があるのか質問してみると、そんな価値があるわけないし、ギャンブル依存症とほとんど同じような病気でしょう。

このようなプレイヤーは自分自身がソシャゲの闇にハマり過ぎている危機を自覚しているらしいです。

ただし、危ないとわかっていても悲観していないで、闇から脱出するつもりがないのが危険です。

時間がたつにつれて課金額がますます膨れ上がるのは明らかです。

 

■本当に大金注ぎ込んでいいの?

以前からソシャゲは社会問題になっていました。

その中でもコンプガチャ商法は記憶に新しいです。

課金するごとにランダムに生まれるされるカードを全て収集できると、コンプリート特典としてプレミアの強いカードをかくとくできるという商法です。

消費者庁はこの商法を景品表示法違反と判断して注意喚起しました。その結果、GREEなどが配信していたソシャゲでは、一斉にコンプガチャの戦略を取りやめています。

しかし、パチンコ・パチスロが出玉性能を厳しめしても、借金してでも早朝から開店直後を狙って並ぶ人が大勢いるように、ソシャゲに没入しまくっているユーザーはたくさんいます。

厄介なのは、ソシャゲ依存症の当人でさえ、お金を注ぎ込んで得られるカードを資金価値もないのをと理解しているのだが、、イベントのときには課金を抑えきれないそうです。

万が一、課金できない事や欲しかったカードを獲得できないときは、機嫌悪くしイライラを抑えられない人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です