日本産ウイスキーが大人気の理由!爆買いと転売などの問題と対策

日本産ウイスキーは国内だけに限らず世界中で愛されるほど注目されています。

ジャパニーズウイスキーが愛されている時代になっている昨今、その理由と魅力などが気になります。

今となっては品薄になるほど入手するのも困難な商品が増えてきているのはどうしてでしょうか?

 

■ジャパニーズウイスキーの高品質になった理由

2001年――。英国のウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」が行った第一回目のブラインドテイスティング・コンペティションで、ニッカウヰスキーの「シングルカスク余市10年」が総合第1位、サントリーの「響21年」が2位という快挙を成し遂げました。

超有名なスコッチウイスキーたちを凌いで、日本のウイスキーが世界最高ランクと認められた歴史を初めて作りました。

この賞を授かったことによって、世界中のウイスキー愛好家たちが日本産のウイスキーを欲しがるようになりました。

また、様々な国際的な品評会などで評判高いことで、現在では日本のウイスキーの知名度が定着しています。

気になる点として、どうして日本のウイスキーがスコッチやアイリッシュとよりも歴史が浅いのに、高品質で芳醇な仕上がりになったのでしょうか。

実は、日本国内での、消費者のウイスキー離れが関係していたのが理由の一つだといわれています。

国内のウイスキーの出荷量は1983年をピークにして激減していて、約5分の1の規模にまで落ち込んだ年もありました。

需要減少によって、樽詰めされたウイスキー原酒は熟成庫で長期間の熟成することになりました。

すると、原酒は芳醇で高品質のウイスキーに改善していることになります。

不人気が美味しい仕上がりになった原因とは、興味深いです。

 

■品薄のジャパニーズウイスキー

国産ウイスキーは原酒が不足しているほど、全世界で人気急上昇中です。

原因だと考えられることの一つとして、日本は蒸留所の数がスコットランドなどの各国よりも少なすぎます。

現在スコットランドでは操業中もしくは準備中の蒸留所が130か所余りあり、蒸留所は閉鎖されてしまったけれどまだ買えるウイスキーとなると160以上にものぼります。

一方日本では、準備中の新設の蒸留所も含めて40か所だけしか存在しません。

100以上が当たり前のスコットランドよりも少ないので、日本各地では蒸留所を早急に設置しているそうです。

すでに操業をスタートしている新しい蒸留所が誕生しているのですが、その規模が小さいためクラフト蒸留所が大半です。

まだジャパニーズウイスキーの需要に応えられるほどの製造量になるのはまだ先になりそうです。

また一般的にウイスキーやブランデーのようなブラウンスピリッツには、木樽熟成させる製造工程を必要とするので、すぐには販売できません。そのタイムラグが品薄の原因だと考えられます。

蒸留したての無色透明なスピリッツは、木樽で寝かされてどうしても数年という時間が必要になります。

ウイスキーというお酒に成長するまでには機会費用が伴うのです。

ジャパニーズウイスキーの品薄を招いている理由は他にもあります。

中国人を中心とした投機目的として爆買いする連中がいるからです。

ウイスキーを飲みたい人々にとっては、迷惑な行為で腹立たしい限りです。

■ウイスキーの転売が問題化

法に触れることをしているわけではありませんので咎めることはできませんが、そのせいで品薄になっているわけですから大変嘆かわしいことです。

転売を繰り返して、お金儲けの対象としか考えていないのは非常に残念です。

そのため、購入条件に転売禁止の承諾を求める日本のウイスキーメーカーも出てきました。

ところが、正当な理由が曖昧ということで、転売禁止規定は財産権を不当に制約するものだという指摘もあります。

日本酒も特定の銘柄がヤフオクとかで高額取引されています。

秘密の酒屋で定価で仕入れて、密かに楽しんでる自分からすれば投機目的なら買うなと言いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です