一人暮らしの飼い主が愛犬を飼うメリット・デメリット徹底検証

一人暮らしの人が犬を飼うときに消極的な意見もあります。

最も大切なのはなことは、飼い主としての義務と責任を全うすることが最も大切な事なので、一人暮らしであろうなかろうと家族構成について重要なことではなりません。

一人暮らしあっても犬を飼いたいと考えている人に対して、一人暮らしで犬を飼うときのメリットとデメリットについて解説します。

 

■犬を飼うメリット

★「癒し効果」

ストレス解消するために、友達とお茶が飲みに行ったり、買い物やカラオケに行ったり、映画や音楽を鑑賞したり、運動したり、各自が好きなことをしています。

そのほかに、ペットや動物たちはいつも癒してくれる存在です。

アニマルセラピーという治療方法があるように、犬のセラピードッグは評判高いです。

高齢者の他に、認知症と自閉症いった何かしらの障害をもっている方々のメンタルヘルスと心のケアをしてくれるようです。

また、愛犬たちに癒されると感じる生活ですと、疲れて帰宅しても愛犬と接していると人間関係で辛い事があっても復活しやすいです。

 

★「健康体の生活習慣」

愛犬と一緒にお散歩と運動することでとても健康的な毎日を過ごすことができます。

小型犬にしろ大型犬にせよ、飼い主が朝と夕方に散歩するだけでも運動不足の解消になります。

10年以上ほど続けていると、体脂肪率が下がるし体重減少の要因の一つだと感じています。

年に一度の健康診断の数値が改善したり、足腰が強化されたり、お肌がツヤツヤになるなど良い事ばかりです。

 

■一人暮らしで犬を飼うデメリット

★「経済的な負担」

飼い主の生活費が緊迫している状況になって、愛犬を手放すという話をよく耳にします。

愛犬の健康状態をチェックするのは大切ですし、これは飼い主の義務と責任でしょう。

健康診断(年1回)、フィラリア症の予防薬(4月~12月)、ノミとダニの予防薬(月1回)、狂犬病の予防注射(年1回:義務)、混合ワクチンの接種(年1回:任意)など、さまざまな検査によって出費がかさみます。

また、犬の疾病予防に加えて病気になれば治療費用も必要になります。

精密検査を含めると数万円になることもあり、手術となると数十万円かかることもあります。

その一方で、愛犬との生活を継続するために仕事を頑張れる!という意見もあります。

仕事を絶対やめない、止めれなくなるということです。

健康に良いだけでなく、継続的に経済力を維持するために、一生懸命働くことができるそうです。

 

★「緊急事態の対応ができない」

独り暮らしの飼い主が病気やケガなどで入院したり出張しなければいけないとき、そのときのことをいつも考えてしまいます。

自分に万が一のことがあっても、愛犬たちが幸せに暮らせるよう、準備しておく必要があると思います。

一人暮らしならば、万が一のときに愛犬を預かってくれる人、引き取ってもらえる人や施設を万が一の時に備えてみつけておくほうが賢明でしょう。

 

■結論

異性と恋愛や結婚よりも、犬との生活を尊重してパートナーとして一緒に生きたい!

そのような考えをもって一人暮らしする人がいるのも事実です。

一人暮らしであっても、飼い主であればペットの愛犬の義務と責任をきちんと果たしていれば、楽しい生活できるでしょう。

飼い主本人の心構えと行動が重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です