鉄道運転士は高待遇?昇進・給料・福利厚生費など新事実

電車運転士になるためには鉄道会社に入社し、駅員として利用客の対応や改札業務など1年から数年間はさまざまな実務経験を積みます。

社内試験に合格してからは数年間は車掌の業務を経験した後、国家試験を受けて運転士の免許取得するのが必要です。

 

■給料など

国土交通省の委託を受けて各々の鉄道会社が「動力車操縦者免許」の国家資格を行います。

専門的な筆記試験や身体検査、適性検査に加えて技能試験を実施します。

巨大な鉄道会社ならば、試験が免除されることもあるようです。

「動力車操縦者免許」には様々な種類があって、取得する免許によって運転できる車両が違ってきます。

ちなみに、新幹線を運転するためには「新幹線電気車」の免許が必須になります。

系統によって違いがありますが、運輸系統であれば駅員・車掌・運転士となるのが一般的です。

基本的に通常の業務態度も影響して、出勤時刻に遅れたら試験には受かりません。

総合職採用では、車掌・運転士を1年~2年経験した後、即座に本社等の重要な場所に配置されます。

駅員や車掌、運転士などを経験した後、駅や乗務員区所内での管理職になります。

現場での長い経験を基本にして、本社での役職でありながら、現場との距離の近い場所に配置されるケースが多いです。

会社によっては試験によって昇格したり、昇進する。

現場で働く人間は、駅務から車掌、運転士、助役へと出世するそうです。

総合職ではなくても人事異動で本社勤務になる社員も少ないです。

高校から高卒で鉄道会社に入社した場合の初任給は、16万円から18万円程度が相場だと言われています。

ほとんどの鉄道会社では勤続年数と役職に応じて給料が上昇するでしょう。

ところで、鉄道の運転士の平均年収について、都心の大手鉄道会社になると、30歳前後で600万円ほど、地方の私鉄では400万円程度らしいです。

会社の規模や勤務地によっても給与水準は千差万別で、各社の業績による影響をうけます。

基本給が意外と安く、手当も各種あることはあるが単価が低い、総支給額が月20万円を超えることはほとんど無いようようです。

運転士として、大手鉄道会社に比較すると労働条件は厳しいでしょう。

少ない報酬だとしても今のところ、年功序列で給料は上がっりますが、会社の経営環境が悪くなったときに、ただでさえ少ない昇給額がまた減る可能性が高いです。

会社側は命を預かる仕事とか言ってるようですが、その割にパイロットと比べて安すぎる印象を感じます。

休日出勤手当など各種手当が支給されて、夜勤や残業のによっても給料は変動して、新幹線の高度技術を必要とする車両の運転士には、給与を多く受け渡すこともあるようです。

 

■メンタルも大切

安全運行のために鉄道各社は福利厚生に力を入れていることも多いです。

JR各社や大手私鉄などは充実していて、社宅や病院などの施設をしっかり整備している企業も多いです。

勤務時間は不規則になりがちだが、その分安定した待遇の下で働ける環境だと考えられます。

団塊世代の電車運転士が大量に退職し、育成に費用と年数が必要な運転士が不足しています。

最近では、駅員や車掌の経験年数を少し短縮して、どんどん経験を積んでもらって、運転士を一刻も早く育成しようとする傾向もあるようです。

運転士には体力、精神力、健康状態など様々な適正が必要とされるのは間違いないです。

電車運転士になってからもキャリアアップのための勉強と訓練は続くため、それらを乗り越えていく本人の努力や情熱は必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です