スピード違反の取り締まり対象は何キロ超過が多い?

一般にスピード違反と呼ばれるのは、正確には最高速度違反となります。

2016年の最高速度違反の取り締まり件数は約161万件。

自家用自動車が、交通違反全体の4分の1程度を占めているとは驚きます。

そこで、スピード違反を取り締まるときには、何キロオーバーが多いのを検証します。

 

■有人式が大半

スピード違反の取り締まりは「無人式」と「有人式」に分類できます。

スピード違反の取り締まりというと、無人式オービスや有人式のネズミ捕りをイメージするでしょう。

オービスによるスピード違反の取り締まるのは、全体のわずか数%だけなのをご存知でしょうか。

実はスピード違反の取り締まり件数の中で、ネズミ捕りが50%を占めていて、残りの50%はパトカーや白バイ隊員の追尾式で捕まえることになります。

ネズミ捕りも追尾式も有人式になります。

スピード違反の取り締まりの大半が有人式によるものになります。

そこで、スピード違反の取り締まりの際に、何キロオーバーが多いのかが気になります。

超過時速20キロ以上25キロ未満が最も多くて、36%前後を占めています。

次に多いのが、超過時速15キロ以上20キロ未満が32%です。

 

■取り締まり対象の多い速度

警察が取り締まりキャンペーンしてるときに見つかると何キロオーバーでも取り締まり対象になってやられます。

逆にキャンペーンしてない時は、よっぽどじゃない限りスルーされて、警察もお役所仕事なのでしょう。

スピード違反の取り締まり件数は超過時速25キロ以上30キロ未満になると17.8%、

超過時速30キロ以上50キロ未満で12.8%、

超過時速50キロ以上はわずか1.1%という結果でした。

ちなみに、超過時速15キロ未満のスピード違反の取り締まり件数は0.002%と、ほぼゼロに近い数値です。

噂によると、警察の取締マニュアルには、15km以下の速度超過は取り締まらなくてよいと記載されているとのこと。

これが本当ならば、メーターの誤差も含めて、20kmまでの超過なら取り締まられることは殆ど無いことになります。

つまり、スピード違反の取り締まりの多い速度は超過時速15キロ以上25キロ未満ということです。

合わせて68.3%と、全体の3分の2以上を占めているのです。

ただし、新型オービスが投入されているので、スピード違反の取り締まり件数の傾向は変わってくることが予想されています。

制限速度をしっかり守って安全運転を意識するのが大前提です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です