大阪震度6弱の意味!南海トラフ巨大地震の予兆説が浮上

6月18日午前7時58分頃、大阪府北部を震源とする震度6弱(M6.1)の地震が発生しました。

京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県では震度5でした。

気象庁によれば、大阪府内で震度6弱が観測されたのは近代的観測となってからはじめてとのこと。

巨大地震発生の予兆ではないか、という専門家の見方もあります。

ハワイ島のキラウエア火山や中米グアテマラのフエゴ山の噴火、5月に起きた長野県での震度5クラスの地震など、首都直下型地震、南海トラフでの巨大地震の引き金になるのではないのかという意見まで飛び出しています。

巨大地震の傾向を検証してみると、南海トラフの巨大地震が発生するときには、日本列島の内陸部で大きな地震が発生している頻度が多いそうです。

長野県の後には、6月17日に群馬県南部を震源とした震度5弱、M4.7の地震が発生し、その翌日に大阪で震度6弱が発生しました。

これらが同じように前兆現象となる可能性が指摘されているのです。

大阪での地震について、防災ジャーナリストの渡辺実氏はこう言う。

「南海トラフでの動きが原因による地震と思われます。

日本は地震の活動期に突入していて、これぐらいの地震が起きても何ら不思議ではない。

大阪市内には活断層が何本も走っているので、刺激された活断層がズレることが不安です。

気象庁によれば、今回の地震の震源は大阪平野から六甲山地の東西に走る「有馬-高槻断層帯」の東端近くだという。

有馬-高槻断層帯の付近には、上町断層帯や生駒断層帯、さらにそれに付随したものも含め、多くの断層が走っている。

現時点で地震との関係は分からないが、同断層帯では1596年に慶長伏見地震(M7.5)が起きている。

慶長伏見地震では、前日に大分県を震源とした豊後地震(M7.0〜7.8)、4日前に愛媛県を震源とした伊予地震(M7.0)が発生していて、何かしら因果関係があるのを否定できないでしょう。

ちなみに、その9年後の1605年には津波による死者が1万人とも2万人とも言われる慶長地震が起きているが、この震源については南海トラフ、東海沖、房総沖や伊豆・小笠原海溝など諸説ある。

琉球大理学部名誉教授の木村政昭氏は、これまで多くの火山噴火や巨大地震を予測、的中させてきました。

木村氏によると、南海トラフでの巨大地震はそのうちに起きるとしても数十年先だと考えているようです。

今回の大阪での地震は、伊豆・小笠原沖の空白地帯であって、次の巨大地震もその近辺で起きると予想しています。

いずれにせよ、一昨年に熊本地震が発生したのも同じ原因で、太平洋プレートがフィリピン海プレートを押してきて、今回のように大阪や他の内陸地震につながったそうです。

一方で、最も心配なのが、日本列島の九州から関東地方までを貫く大断層・中央構造線を導線として発生している危険性です。

熊本地震以降、中央構造線は明らかに活発化しているとされる。

いまは太平洋プレートに押されたフィリピン海プレートが猛烈に大陸側に向かって押し込んできていることが考えられる。

周辺の地震によって構造線が刺激され、構造線を伝って離れた場所の活断層まで反応してしまうことを考えると、今回の大阪での地震が、関東直下型や南海トラフ巨大地震の前兆現象!というコメントに対して、完全に否定できないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です