女子高生を痴漢し続けて現行犯逮捕!三菱電機社員の言い分が醜い

JR宝塚線の車内で女子高生のお尻を触ったとして、三菱電機社員の坂井正尚容疑者(54=兵庫県三田市)が2018年6月15日、県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕された。

「右手の甲が女子高生のお尻に触れてうれしかったので、そのままにしていた」と容疑者がコメントしたそうです。

「手の甲がおしりに触れることくらい毎日あるぞ。ホントに痴漢だったのか?」という声もあがっているようです。
許されないでしょう

触られているのか、それとも偶然に当たっただけなのか…微妙なタッチだったため、17歳の女子高生は被害を訴えられなかったそうです。

坂井容疑者は15日午前7時21分、JR三田駅で快速電車に乗車しました。

ラッシュアワー時間帯で、車内は通勤、通学客で混雑していた。

同7時32分、次の西宮名塩駅で乗り込んできた女子高生の背後に回り、スカートの上から右手人さし指と手の甲でなでるようにして、お尻をタッチ。

宝塚駅に着くまでの4分間、なで続けた。同じ車両で張り込んでいた捜査員が痴漢行為を確認し、車内で坂井容疑者を取り押さえたという。

今月8日、匿名の男性から鉄道警察隊に「通勤電車内で同じ女性に痴漢をしている男がいます」という通報があり、宝塚署、鉄道警察隊、痴漢専門の生活安全特別捜査隊が合同で捜査に当たっていた。

女子高生は毎朝、同じ電車に乗っていて、痴漢も同じ時間帯に乗車していました。

そのため痴漢が坂井容疑者であると特定し、11日の月曜日から毎朝10人態勢で、駅や電車内に分散して坂井容疑者の行動を確認していたそうです。

同じ車両に乗っていたのは確認できたようですが、張り込み開始から4日間は、痴漢行為はなくて、遂に金曜日に坂井容疑者が女子高生のお尻に手を伸ばし、痴漢行為に及んだため、車内で身柄を確保したということです。

そもそもいったい何人がかりで痴漢逮捕していてコスト意識ってもんが無いのでしょうか。

事前に特定出来てる場合は、4日間も動員する必要があるのか疑問を感じます。

また、女性専用車両に乗らずに毎朝触られていた女子高生側にも問題がある!というコメントもあります。

女子高生は「4月くらいから触られている」と認識していたそうだが、毎日だったわけではななく、車両を変えるなどはしていなかったそうです。

ただ坂井容疑者はその女子高生がお目当てでお気に入りだったのでしょうね。
1人だけを狙っていたとは気持ち悪いです。

坂井容疑者は1987年、三菱電機に入社したという情報が拡散しています。

クビにするまでもなく会社にはいずらいから自主退職という形を促されるだろう。

三菱としてはパワハラ事件の時のように隠蔽したかったのかもしれませんが、今回は間に合わなかったのかもしれません。

名前も勤務先も出てしまっては、ご家族がお住いの街で普通の生活するのは辛いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です