罰金2万円!自転車がベル鳴らして歩行者を妨害

自転車の危険運転は、批判殺到が止まらないです。

歩道での自転車走行者への対応について、事故も当事者間でトラブルになったケースが山積しています。

しかし、自転車は免許が要らないので、自転車の規則を知らない人が多いのが現実です。

そこで、自転車の走行ルールについて検証します。

 

■例外を除き、歩行者が優先

道路交通法によると、自転車は軽車両ですから、原則として車道の左端を通行するものと決められています。

ただし、これには例外があります。

(1)道路標識等で自転車が歩道を通行することが許されているとき。

(2)自転車の運転者が、児童、幼児、70歳以上の者、身体の不自由な方であるとき。

(3)車道又は交通の状況に照らして、自転車の通行の安全を確保するためには、自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。

つまり、自転車が歩道を走行するのを認めることになります。(道路交通法63条の4第1項)。

ちなみに、「自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき」というのはどのようなときでしょうか。

引っ越し作業中、道路工事や路上駐車の車両をよけるなど、正当な理由によって車道側へ入り込まなければいけないような状況のことを言います。

自転車の通行の安全を確保するためには、『自転車が歩道を通行することがやむを得ない』と認められ、歩道を通行してよいと思われます。

もっとも、歩道を通行する場合、歩道の中央から車道寄りの部分を徐行するのが必須で、自転車が歩行者の通行を妨害するときは、一時停止しなければなりません(道路交通法63条の4第2項)。

優先されるのは歩行者というのが大前提です。やむを得ない場合でも注意して走行しなければなりません。

 

■ベル鳴らして2万円以下の罰金!

自転車のベルを鳴らして歩行者に道をあけさせる行為は、法律違反になるのでしょうか?

歩道でよく見かける状況なのですが実はいろいろあります。

自転車のベルは、道路交通法上、警音器になります。

警音器をリンリン鳴らさなければならない状況の場合以外、警音器を鳴らしてはならないとされています。

法規定上では、例外として危険予防するために仕方がない時にだけ鳴らすことが許可されています。

例えば左右の見通しのきかない交差点を曲がる際、周囲に注意を促す目的でベルを鳴らすときなどです。

歩道を通行する場合、自転車が歩行者の通行を妨害してはいけないので、自転車のベルをリンリン鳴らして道をあけさせる行為は、危険を防止するためやむを得ないときにはあたりません。

2万円以下の罰金(道路交通法121条8号)に問われる可能性があります。

自転車と衝突した歩行者が死亡するなど、痛ましい事故も多く起きています。

自転車に乗るときには、軽車両を運転しているという自覚をもって移動しましょう。

自転車は原則車道だからどんなときでも車道を走るべきです。

いつ追突されるかわからないので、自転車保険にはしっかり入ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です