日本新登場!BMW M4カブリオレとM4カブリオレ 30 Jahre限定車が凄い

2018年の秋、高性能オープンスポーツ「BMW M4カブリオレ」が初めて日本で販売されます。

また、初代M3カブリオレの30周年記念とした「M4カブリオレ 30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」も10台限定で提供されます。

受注は5月24日からスタートしました。

新型M4カブリオレはBMWと、“M”のコンペティションモデル特有の高揚感ある卓越した運動性能と、爽快なオープンエアドライブを融合しているので素晴らしいです。

このクルマを手に入れた瞬間から、最高級の運転の喜びを得られるでしょう。

4席の座席が設置されていますが、2人限定のほうが優雅に乗りこなせる車種だと思います。

また、1人だけでも絵になる魅力的な走行を味わえそうです。

屋根のルーフには3分割式のリトラクタブル・ハードトップを採用しています。

オープンのときにはボディ後端までフラットに伸びるキャビンが美しいシルエットを演出しています。

一方で、クローズ時にはクーペ独特の優雅なルーフラインになっています。

ちなみに、ルーフの開け閉めにかかる時間は約20秒。

時速18km/h以下であれば、走行しながらでも開閉できそうです。

心臓部には、パワーユニットが収められています。

3.0Lの直6ツインパワーターボの最高出力は450ps/7,000rpm、最大トルクは550Nm/2,350~5,500rpm。

レブリミットは7,600rpmという高回転型です。

また、7速Mデュアルクラッチを組み合わせることで、トラクションを途切れさせることなくスムーズかつ瞬時のシフトチェンジできます。

さらに、ローンチコントロールも装備しているので、爆発的なスタートダッシュできます。

そのほか、Mコンパウンド・ブレーキシステム、アダプティブMサスペンションやアクティブMディファレンシャルなどを搭載していて、心地良いサーキット走行までを楽しめるモデルとなっています。

価格は1,380万円。

10台限定の「M4カブリオレ 30 Jahre」は、歴代シリーズを継承している2種類のボディカラーと、専用の内装カラーでコーディネイトしたモデルです。

キレイなイエローの「マンダリンII」、濃厚ブルーの「マカオ・ブルー・メタリック」を選択するのはどちらにしても難しいでしょう。

価格は1,483万円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です