引越し代の裏ワザ節約術!家賃いくらでも仲介手数料3万円だけ

引っ越し代を安くしたい!誰もが節約できる引っ越しの方法を知っていれば実践するでしょう。

実は、家賃がいくらでも仲介手数料を3万円ちょいで済むやり方があります。

具体的に解説します。

貸契約など引っ越しに伴う費用を数万円単位で浮かせる方法があります。

引っ越しするときに「ノマド」という無店舗型の不動産仲介サイトが話題になっています。

サービス提供エリアは東京都全域と神奈川県東部に限定されています。

神奈川県東部とは具体的には、川崎市一部(幸区、高津区、川崎区、中原区、宮前区)、 横浜市一部(青葉区、神奈川区、鶴見区、港北区、西区、都築区、緑区)になります。

が、仲介手数料は一律3万2400円(税込み)と格安で評判高いです。

一般的な不動産業者の仲介手数料は家賃1か月分+消費税ということを考えると激安です。

例えば家賃10万円のマンションなら、仲介手数料で6万7600円も節約できることになります。

ユーザーたちの間で評価が高いのが、ほかの不動産サイトで見つけた部屋の持ち込みできることです。

物件のURLをサイト内のチャットで送るだけで、スムーズに空室チェックができます。

事前に部屋の希望条件を登録しておけば、簡単に物件情報をもらうこともできます。

しつこい電話営業されることはありません。

会社で働いていて忙しい人ならば、スキマ時間にやり取りできるのは非常に便利です。

引っ越し代を節約したいなら「タイムチケット」というサービスを利用するのが良いです。

タイムチケットとは、自分のスキマ時間を売ってサービスを提供するタイムシェアアプリです。

引っ越しサービスをしてくれる人を探しみてください。

引っ越し業者で勤務経験ある熟練者が引っ越し作業を手伝ってくれます。

単身者が同一エリアで引っ越しするとなると引越し費用は、約3万円前後が相場です。

だが、タイムチケットを利用すれば1万円前後だけで引越し作業してくれるので、浮いたお金で生活用品などを買えますね。

出費がかさみがちな引っ越しするとなると大きな出費となるので、できるだけ支出を抑える方法を熟知しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です