55歳年下の妻に事情聴取!紀州のドンファンの遺体が覚醒剤で死亡

“紀州のドン・ファン”と言われていた野崎幸助さん(77)の遺体から、多量の覚醒剤が検出された遺体が発見されました。

和歌山県田辺市で不動産業などを営む野崎さんは5月24日夜、妻(22)が自宅で倒れているのを見つけた。

救急隊員が駆け付けた時には死後硬直が始まっていたため“変死”として扱われ、遺体はすぐ司法解剖された。

致死量を上回る可能性がある強い覚醒剤反応が出たとは驚きます。

県警田辺署は、覚醒剤取締法違反容疑で家宅捜索令状を取り、野崎さんの自宅を数回にわたって家宅捜索。

妻の事情聴取や尿検査も行ったのは当然でしょう。

2016年に「紀州のドン・ファン」という半生記を出版した野崎さんは、高級デートクラブの女性に、生涯で4000人の女性に30億円もの大金をつぎ込んだと言いふらしていたとは驚きます。

これほど目立つ事をしていたら、金目当ての連中の標的にされるのは不思議ではないです。

むしろこの年まで犯罪に巻き込まれないで平穏に生活できたことのほうが珍しいケースかもしれません。

2018年2月に55歳年下の妻と3度目の結婚をしてまもない事件ですから、疑惑の渦がやまないのは仕方がないでしょう。

その妻も高級デートクラブで働いていて、野崎さんと知り合ったそうです。

55才年下って孫ですよね。ひいき目に見ても嫁が怪しい!というような意見もあるようです。

金に目がくらんで早く財産を手に入れたくて我慢できなかったのでしょうか・・・というようなコメントがSNSなどに掲載されています。

二十歳そこそこで元デートクラブ勤務の妻…素性が怪しすぎなのも気になります。

大金目的で体売るデートクラブ嬢は、もともとお金が大好きなだけで、男を金としてしか見ていない女だらけ・・・。

今回もそうだとは言い切れませんが、世間では「双方に同情の余地のカケラもない事件」という意見もあるようです。

いずれにしても聴取されるのは当然でしょう。

21歳の女が高齢者と結婚すると言ったら、どんなに綺麗事言ったってお金目当てとしか考えられない。

健康状態も良好で“現役”だった野崎さんは遺書など残していなかった。

はたして真相は…!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です