ロシア女子フィギュアが激ヤバ!三原舞依・坂本花織・樋口新葉の驚異な世代

4回転ジャンプは平昌五輪のフィギュアスケート競技でメダル獲得に多大な影響となりました。

2017‐2018シーズンでは、男子の4回転時代に突入したのが確実になりました。

来季は女子のフィギュアスケートでもニューウェーブが到来してくると想定されています。

今のところ、アメリカの長洲未来さんが平昌五輪の団体戦でトリプルアクセルを成功させています。

日本の紀平梨花さんは全日本選手権で、トリプルアクセルを成功しています。

全世界的にフィギア界でもジャンプの進化発展しているようです。

実のところ最も注目されているのは、ロシアの女子フィギア選手たちです。

エフゲニア・メドベージェワ選手やアリーナ・ザギトワ選手を指導するトゥトベリーゼコーチのもとには、ロシア全国から優秀な選手が集まっています。

しかし、現在のところ、ジャンプの新生を感じさせてくれる選手が何人かいるそうです。

例えば、アレクサンドラ・トゥルソワ選手が有望株だそうです。

若干まだ13歳のジュニア選手なのですが、女子フィギア界では史上初となる同じプログラムで4回転サルコーと4回転トゥループという2つの4回転ジャンプを成功させています。

2018年には男子でも超難度の4回転ルッツも公式戦でなくて練習中に披露していたようです。

他には、同様にトゥトベリーゼコーチ門下のアンナ・シェルバコワ選手です。

なんとこの選手もわずか14歳の少女です。

公式試合ではなくて練習中なのですが、4回転ルッツを成功させています。

それではなくて、4回転ルッツからさらに3回転トウループ+3回転ループの連続ジャンプ(4Lz‐3T‐3Lo)を成し遂げたそうです。

男子でも難度の高い4回転からの3連続のコンビネーションジャンプをこなすとは驚きます。

ロシアの育成プログラムと潜在能力の高い選手層に驚異すら感じます。

メドベージェワ選手やザギトワ選手のメダリストが目立ちますが、この2人でさえ成し遂げていない4回転ジャンプを跳ぶジュニア選手たちが存在しています。

この現実を受け入れるのは、他国の選手たちは辛いでしょう。

日本人選手の中にも、三原舞依さん、坂本花織さん、樋口新葉さんなど、将来性ある若手選手たちが発展途上なのですが、ロシアの選手層と比較するとまだ差が歴然としています。

いずれにしても、超高難度プログラムをこなすロシア選手には刺激を受けます。

でも、身体の変化を考えると、3Aや四回転ジャンプはリスクもともないます。

ルール改正もあるようですし、無理せず、焦らず、頑張ってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です