メルカリ問題続出!無在庫詐欺とスーパーコピーの秘密と裏情報

「メルカリ」は、不要なモノをユーザー間で売買できるフリマサービスとして人気を集めています。

マザーズ上場でも大きな話題にもなっています。

スマホだけで簡単に出品や購入できる手軽さからユーザーが増え続けています。

その一方で、ネット通販に慣れていない利用者を狙ったメルカリ詐欺も増加傾向のようです。

そこで、メルカリを利用する際に注意しておくべき詐欺の手口を解説します。

今回は3パターンに着目しますが、さまざまな詐欺行為が日々増えています。

 

■コピー商品詐欺

メルカリは女性の利用者がとても多いです。

そのため、出品されているラインナップをチェックしているとブランド品が比較的多いように感じます。

ところが、ブランド品の中にはコピー商品の横行が通例だといわれています。

最近では中には、プロの鑑定士であっても本物なのか偽物なのかを見極めるのがとても困難な「スーパーコピー品」も存在しています。

そのため、メルカリでは様々な問題が発生していて、偽ブランド品を売りつけるコピー商品の詐欺が増えています。

ニセモノを売りつけられるの避けるためには具体的に有効な方法が今のところ無いです。

つかまされたくないならメルカリでブランド物を買わないほうが無難でしょう。

プロでも見極めるのが難しいコピー商品を、素人がスマホで撮影した写真を簡単に加工できるので見抜くのは難しいです。

メルカリで取引すると販売手数料が10%も取られて高いです。

取引終了するまでメルカリが仲介して資金管理してくれます。

そのため、金銭トラブルで揉め事になりにくいのが利点です。

 

■無在庫詐欺はカタログ写真

メルカリを通さない「直接取り引き」詐欺も増えていると聞いたことがあります。

まれに手数料分安くするからと、直接取り引きを誘ってくる悪人もいるのです。直接取引は詐欺のオンパレードなので、注意しなければなりません。

注文が入ってからヤフオク!などで入手し、販売する出品者もいます。

手元に無い商品を販売する無在庫詐欺です。

そのため、写真と違って粗悪な商品が送られてくるケースもあります。

商品説明にカタログ写真しか掲載されていないものは、無在庫販売の可能性が高いので購入エントリーしないほうが安全でしょう。

中国の商品画像がそのまま掲載して売っているケースの頻繁です。

アマゾン配送を利用とかアマゾンに委託とかで送ってくる場合もあるそうです。

メルカリは転売屋と詐欺師の間みたいなものかもしれません。小遣い稼ぎに熱中しすぎて買占めや値段を吊り上げるなど普通にあるのかもしれません。

メルカリ詐欺のさまざまなトラブルの多くは、禁止事項を理解していればまぬがれることができます。

メルカリの「利用規約」を確認すると、「直接取り引き厳禁」など禁止事項を確認できます。

詐欺被害に遭わないようにするだけでなく、気がつかないうちに規約違反行為をしないためにもしっかり読んでおくほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です