西部警察のパトカーをプラモデル!アオシマの企画力の秘密

「アオシマ」といえば、他社が追随してこない分野のプラモデルを販売していて、コアなファンから注目されている会社です。

オンリーワンを爆走しているだけあって、「西部警察」のプラモデルシリーズは大ヒットとなりました。

実は今でもこのシリーズは継続しているとは驚きます。

アオシマのプラモデルの中でも「パトカー」に注目して見ていきましょう。

 

■西部警察のパトカー

アオシマの西部警察シリーズのプラモデルが販売されたのは1983年です。

大門軍団の特殊車両として当時は一大ブームになりました。

日産・スカイライン2000RS「マシーンRS」を第一弾プラモデルとして始まり、現在でも根強い人気が続いています。

2015年、名脇役の日産・430セドリックセダンが西部警察仕様で新たに発売されたときには、往年のファンとコア層のマニアたちを大いに魅了しました。

「捜査用パトカー」と「覆面パトカー」の2種類となる1/24スケールの西部警察430セドリックセダンは、今でも評判高いです。

セドリックのパトカーといえば、西部警察で爆発したり炎上したり、衝突横転するなど、ド派手なアクションシーンで活躍してきた名脇役でした。

これがプラモデルとなって当時の思い出を振り返られるのですから、ファンたちが大喜びするのは納得できます。

 

■クラウン白黒パトカー

セドリックのパトカーは、そもそもプラモ化していた「430セドリックセダン」の金型を使って発売しました。

熱局的なファンは、その時既に西部警察仕様の発売を予想していたそうです。
価格は4,104円です。

昔からの愛好家にとっては、値段が高くなった印象が強いようです。

昔は24分の1スケールの車のプラモデルは千円ぐらいやったので、物価上昇が影響しているのとはいえ高値だと感じるのは否定できないです。

1/32西部警察プラモデル「トランスポーター」は、西部警察の特殊車両「スーパーZ」「マシーンRS」をロケ地に運搬していただけなのをご存知方の少ないでしょう。

つまり、表舞台に出てこない車両をキット化した仕様です。

ドラマ本編では披露されてこなかった自動車をプラモデルとして製品企画にして販売するとは驚きます。

まさにコアなファン層をターゲットにしたマーケティング戦略の企画力は凄いです。

今回のキットには、ミニサイズの「スーパーZ」「マシーンRS」が付属するこだわり。発売は1983年です。

2012年10月発売の1/24塗装済パトロールカー「200クラウンパトロールカー警視庁無線警ら仕様」は、現行車両のトヨタ・200系クラウン白黒パトカーのキットです。

白黒の塗装済みで、どなたでも組み立てられます。

パトカーは長期的な取材でようやく製品化しました。価格は4,212円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です