ロイヤルウェディングの暴露!ウィリアム王子の隣の空席はダイアナ妃の席ではない驚き

イギリスのロイヤルウェディングは英国人だけでなくて全世界を魅了しました。

テレビに釘付けになった王室ファンは当然ですけど、著名人の多くの招待客たちもヘンリー王子とメーガン妃の結婚を祝福しました。

そんな中でも一番お二人の結婚を祝福して喜んでいるのは「亡きダイアナ妃」だったという考えが広まっています。

挙式が開催された教会のチャペル内で、ウィリアム王子の隣が空席でした。

実はこの空席はダイアナ妃のためのものではないのか?」とメディアの中の数社が報道していました。

しかし今頃、イギリスメディアの『Metro』によると、その真相が判明しました。

ヘンリー王子にとって、盛大な挙式を無事に遂行できたことを最も伝えたかった人物といえば、どう考えても母親のダイアナ元妃だと思われます。

12歳の時に母を亡くしたヘンリー王子は、当時の頃は心身ともに疲労がたまって精神的にも辛い状態で多くのトラウマと闘ってきたようです。

その母ダイアナ元妃のことを時々語ってきましたヘンリー王子にとって、自分たちの結婚式には母親の面影を忘れずにいられないでしょう。

実際に、ウィリアム王子の隣の座席が空いていました。

その状況を見渡した一部の英メディアが「ウィリアム王子とヘンリー王子は、空席を作ることでダイアナ元妃の思い出を共有するために、この空席はダイアナ元妃のためのもの」と報じていました。

しかし、実際にはそうではなかったことが分かりました。

英王室特派員の報道関係者によると、チャペルでウィリアム王子の隣の席が空いていた理由はダイアナ元妃のためだという報道がありましたが、空席だったのはそういう理由ではないとツイートしています。

空席の後ろにエリザベス女王が座っていました。

ところが、本来であるならば女王が最前列に座るべきだったのですが、どうやらいつものお気に入りの席に座っていたようです。

つまり、2列目からでも結婚式の全容をしっかり見れるように、女王の前席を空席にする必要があったようです。

バッキンガム宮殿がそんな暴露話するとは驚きました。

空席の真実は魅力的な話ではなかったですが、メーガン妃の持っていたブーケにはダイアナ元妃の好きな花“ワスレナグサ”が入っていました。

2人の王子の幸せを願っていたダイアナ妃は、きっと笑顔で二人の結婚式を祝福しているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です