知らないと危険!口臭の原因と対策、歯より磨くべき場所はコレ

仕事の打ち合わせ・商談やデート中に、相手との距離が近くなると、自分の息が臭くないのかと心配になって、しゃべりたくなる人も少なくないです。

自身ではどうしても気づきにくいので不安だからこそ、その原因と対策を解説します。

 

■良質な唾液作り

「口臭ケアは、コミュニケーションのエチケット」だということは理解しているとしても、気が付かないうちに周りを不快に気分を悪くしていることがあります。

口内のニオイは、どのような原因が隠されているのでしょうか?

個人差がありますが、原因の大半は、第一に、虫歯や歯周病、全身疾患による口臭です。

こちらは治療すればキレイになって改善されやすいです。

第二の原因は、口の中の浄化機能の低下による生理的な原因による口臭です。

生理的口臭は、日常生活でどなたでも経験するので、無臭の方はいません。

ところが、何かしらの理由によって、相手に不快にしてしまうほどの異様なニオイを発するようになります。

緊張して口が乾いてくると、ちょっと気になりだしたことは誰でも感じたことがあると思います。

口臭には、唾液の循環が大きく関係しているんです。

唾液には殺菌作用があり、口の中を清潔に保つことができます。

一方、生活習慣が乱れたり、食生活が悪くなて栄養バランスが乱れやストレスなどで、口が乾いて唾液がネバネバしてきたら危ないです。

口内の細菌が増殖して、口臭が起こりやすくなります。

また、唾液の分泌量が少なくなると、歯周病や虫歯になりやす上に口臭が悪化しやすいです。

生活習慣を改めて良質な唾液の分泌量を増やして、キレイな息を作ることを心がけるのが重要です。

 

■朝の歯みがき

就寝中は唾液の分泌量が減り、細菌が大増殖しやすいです。

つまり、歯みがきは「朝起きてスグ」が大原則です。

起床時は『モーニングブレス』と言われているように、寝ているときに大増殖した細菌が原因で、最も強烈な口臭を放ちます。

だから朝起きてすぐに歯みがきして、口内環境を整える必要があります。

磨かずに放置したら、細菌は猛烈に増えてしまいます。

万が一、このままお水をのんだり朝ご飯をとると、大繁殖した細菌類を同時に摂取してしまいます。

本当に恐ろしいです。

 

■舌の表面の色

舌の色が白と赤ならば、舌が乾燥しています。「ピンク」が理想的な色です

舌は、『舌乳頭』と呼ばれる突起で表面が覆われており、その舌乳頭の間のへこんだ部分に唾液をためています。

舌が白く毛羽立つのは、唾液の分泌が少なくなり、乾燥を防ぐための防御しようとしている反応です。

この白い状態を汚れだと勘違いしてブラッシングしてしまうと、さらに乾燥する原因になるし真っ赤になります。

舌が白や赤い場合は乾いているサインなので、息が臭いかもしれません。

ピンク色は唾液の循環が良い状態だということを覚えておきましょう。

 

■口臭きになるなら何を飲む?

良質な唾液になりやすく、口に潤いを与えるには、「お水」が良いです。

コーヒーは刺激が強く、お茶は殺菌作用がありますが、両方とも口が乾きやすいのが難点です。

唾液の出方が悪い寝起きや食事の前や食事中に飲むと、より乾燥しやすくなってニオイが強くなりやすいです。

良質な唾液を作るには、お水が最適です。

唾液の分泌量が多い食後であればコーヒーやお茶を飲むほうが無難でしょう。

食べたりお水以外を飲んだ後には、お水やマウスウォッシュで口内をすすぐことは大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です