新人警察官お巡りさんの交番勤務ローテーションはキツイ

警察官は採用試験を合格すると、巡査となって警察学校に行きます。

そして、卒業配置後の任務内容は全員同じです。

まずは地域課に所属して交番の駐在員・おまわりさんから警察官人生が始まります。

男性も女性も交番勤務から警察官としてのお仕事がスタートします。

そんな新人巡査の交番勤務ローテーションは厳しいスケジュールだという噂があります。

 

■新人巡査の交番勤務ローテーション

某県警で巡査をしていた警察の仕事が不規則なのがツラくて、1年も経たず辞めてしまいましたと話すのは元警察官。

交番勤務のスケジュールは、大体『3勤・非番』でローテーションを組んでいます。

1勤が9時から17時までの8時間勤務です。当直の日は9時から次の日の9時まで勤務します。

休憩を入れて8時間の勤務を2回同じ日に入れることになります。

1日目は夕方17時まで、2日目は朝から翌日の朝まで勤務、そして非番で休みという3日間のサイクルです。

都市部の交番では、深夜でも酔っぱらいの相手や通報などが相次ぎほとんど休憩できないといいます。

かなりハードだと思います。

警察官は昔と違って仕事量は増えるし規則遵守の締め付けが強いです。

交通違反でクビになるし、少しの過ちも査定に響いてしまいます。

安定の職場に見えてある意味すごく不安定なのが警察です。

牧歌的な時代の警察官は今はいないしやっていけないですから、警察官に聞くとご自分の子供は警察官にさせたくない人が多いそうです。

また、週に2,3回は、早朝から柔剣道や逮捕術の練習もあります。

当番勤務で扱いがあれば捜査報告書など書類関係もあります。

仕事をすればするほど、書類は増えます。

柔剣道も強ければ署の代表として、特別訓練もあります。

慣れると、刑事課や交通課などの見習いもあります。

将来何をしたいかで生活のリズムが違います。

嫌なら早めに見切るのも良いでしょう。

交番よりも刑事とかの方がもっと大変らしい。

超過勤務を1カ月130時間やっても実際には50時間分しか貰えないとさ当たり前らしいです。

ただし、民間企業から転職して警官になった人がいますけど、民間企業のほうが話しにならないほど大変だったそうです。

警察といえども公務員ですからなんだかんだ言ってそんなにきつくはない!という意見もあります。

これがキツくて辞めるなら看護師にもなれないでしょうね。

海上保安庁や自衛隊はもっと無理。

辛抱が足らなすぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です