閉店しない理由!鳥貴族・スシロー・俺のフレンチなど繁栄し続けるお店の特徴

競争の激しい飲食業界では、新開店したお店が数ヶ月後には閉店してしまうことも日常茶飯事です。

そんな厳しい世界で生き残るために、お客さんが離れない店は何が違うのでしょうか。

飲食業界で客の心を掴み続ける人気店の共通項について解説します。

 

■夢を叶える飲食店は繁盛

テレビや雑誌などで取り上げられると、評判になって飲食店に行列ができます。

今の時代ではお店の前で並んでいる光景は、グルメブームというよりも日常的なものとして受け入れられています。

また、見栄えが良いご飯はインスタ映えするということで写メをSNSに投稿する時代です。

美味しいランチやディナーすると、デートや商談などが順調になるでしょう。

食べ歩きが趣味な人もいますので、食事は生活にはとても大切です。

テレビやインターネットに配信される情報をスグに仕入れてに、即座に新しいお店にどっと集まってきます。

新規顧客を獲得したと喜んだとしても固定客になるとは限りません。

お客があちこちを渡り歩くということは、固定客を失っている他店が比例して増えていることになります。

一時のグルメブームは過ぎ去ったといわれていますが、メディアで話題になったお店がブームで終わってしまうこともよくあります。

開店してから一年も経たないうちに閉店してしまうことも珍しくはありません。

ところが、これほどまでに厳しい飲食業界であっても、繁盛し続けているお店が存在しているのも事実です。

その秘訣はいったいどこにあるのでしょうか?

お客を飽きさせないで、試行錯誤しながら満足させてます。

どうして、低迷してしまうお店は客離れを招いてしまうのでしょうか。

現代人は食事には困らない時代ですけど、あまり贅沢できません人が多いでしょう。

安価な食材を仕入れるために、節約生活しながら慎ましい食生活を送っています。

でもたまには外食したいし、贅沢もしたいし、息抜きもしたいでしょう。

家では再現できない味や食べ方を試したい。ちょっとした贅沢をすることで、息抜きがしたいのです。

イタリアン、フレンチ、焼き肉やデザートなど、ネットやテレビで情報を入手して刺激を受けることが多いでしょう。

高級であればあるほど一般庶民が手を出せない価格帯のお店ばかり・・・。

そんなとき、クオリティーがほぼ同じなのに庶民でも手が届くほどの価格帯を実現できるお店が増えてきました。

本来であれば高級料理だった料理を低価格で提供することをコンセプトにした店舗は、人気店になりやすいです。

たとえば、『俺のフレンチ』はおいしいフランス料理を存分に楽しめます。

『いきなり!ステーキ』は大きなステーキを十分に頬張りたいという望みを叶えるお店です。

『スシロー』、『サイゼリア』、『鳥貴族』など、お客側の欲求をつかんだお店は大人気になりやすいです。

要するに、庶民の欲求をつかんで夢を叶えてくれるお店は、繁盛し続けています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です