AIが人類を滅亡or救出のどっち?ホーキング博士やイーロンマスク等の見解

“車いすの天才物理学者”として知られるスティーヴン・ホーキング博士が3月14日に亡くなった。

博士は晩年、「人類に残された時間はあと100年」と、多くの“警告”を繰り返し発していました。

ホーキング博士の遺言は「人類はあと100年で滅ぶ」という内容でした。

そのメッセージにはどのような意味がふくまれていたのでしょうか?

 

■AIの進歩は人類の終焉?救出?

ホーキング博士が晩年に繰り返し発言していたのが、AIの可能性と危険性についてです。

ホーキング博士は、2017年11月、先端技術展覧会「ウェブサミット2017」にビデオ通話で参加して、

「AIは人類にとって破滅をもたらすか、素晴らしい未来を創造するのどちらも起こりえる可能性があります」と指摘しました。

ホーキング博士は、BBCなどによる複数のインタビューでも「完全なAIを開発できたら、それは人類の終焉を意味するかもしれない!と警告してきました。

AIは、病気と貧困の根絶と気候変動の克服に繋がる可能性があります。

一方で、自動兵器や経済的混乱、人類との戦いで自らの意思を働かせて暴走する可能性も否定できません。

数十年以内にAIが自らの意思をもって想像を絶するほどの速度で成長し続けてアップデートし続けることもあります。

徐々に進化発展きた人類はこうなると勝てないし、近い将来にはAIに乗っ取られる可能性もあります。

AI技術に詳しい専門家によると、いずれAIが人間の能力をはるかに超えるのは時間の問題だと表明しています。

今のところ最大の懸念点は、AIが人間社会を掌握したり、暴走したり滅亡させたりしないのかという不安です。

AIは感情を理解するほどまで開発が進化したり、嬉しい楽しい、怒りや悲しみなど喜怒哀楽の感情を収集しながら学習します。

その過程で、AIが人類を削除するほうが整合性が取れるとしたら、実行されてしまうのでしょうか。

AIが人間の想像を絶するほど進化していくと、人間はそれを抑制できなくなることも考えられます。

そこで、AIと共存共栄するために、人類はAIに詳細な人間性を伝授していくのが大切です。

アメリカの実業家、イーロン・マスク氏もホーキング博士とAIへの危機感を共有してきました。

彼らが顧問している研究組織「フューチャー・オブ・ライフ・インスティテュート」は、AI開発における23項目の倫理規定を策定しています。

さらに、イーロンマスク氏が設立したAI研究機関「オープンAI」は、人類を脅かすAIに対抗する対策として、人類を守るAIを開発しています。

ホーキング博士が警鐘を鳴らし続けてきたことで、人類の危機を救えるかもしれません。

既にアメリカが人材を選別して、万が一のときのための人類生き残り案が実行されているという噂があります。

やはり人類が一番地球上で最悪な生き物になのでしょうか。

環境破壊、無差別動物殺害、もし仮に人類が地球上で他の動物にたいしてバランス良い一番良い人口は今の四分の一程度だといわれています。

身勝手な人間の欲望だけでどれだけ動物が抹消されたり、山など環境破壊されてきたのを思うと悲しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です