コーヒー飲んだ後の口臭原因と口臭予防対策

香ばしいコーヒーの香りを吸い込むと、飲みたくなるし気分良くなるコーヒー愛好家が多いです。

コーヒーの芳香はいいのですが、コーヒー飲んだ後の口臭が気になった経験をした人は少なくないでしょう。

そこで、コーヒーと口臭の原因と対策を検証します。

 

■口臭の原因

よい香りで消臭効果もあるコーヒーだが、口臭の原因となる可能性は高いです。

口臭のメカニズムを分解すると、菌・場所・エサです。

『口臭発生菌』が歯並びの悪い場所や磨き残しに繁殖して、食品の栄養素を『エサ』として増殖・分解します。

その結果、揮発性硫黄化ガス(口臭)が発生しやすくなります。

口臭のエサとなる栄養素が増える原因の一つとして、唾液の分泌量があります。

結論から申し上げますと、口臭の原因は、コーヒーに含まれるカフェインの作用にあります。

コーヒーのカフェインは、神経を過緊張な状態に導き、唾液の量が一時的に減少します。

口腔内は唾液が多いならば中性ですが、減少すると酸性になりやすく、口臭発生菌が増えて臭気が出やすくなるそうです。

また、コーヒーには利尿作用があるので、体内から水分を奪っていきます。

つまり、コーヒーを飲み過ぎると利尿作用の効果もあり、口の中が乾燥しやすくなるため、さらに口臭がきつくなりやすいです。

さらに、別の理由として考えられるのは、クロロゲン酸の作用もあります。

コーヒーの中には、ポリフェノールの一種のクロロゲン酸が含まれています。

このクロロゲン酸には、口の中に残留する糖質分解、脂肪吸収抑制作用、カテキンやタンニンと同じような消臭作用があります。

これだけ聞く限りではなんの問題もないように思えるが……。

しかし、空腹時にコーヒーを飲みすぎると、このクロロゲン酸が胃酸を促進します。

あるいは胃が痛くなったり、酸っぱい呑酸(どんさん)があふれてきて、口臭がきつくなります。

できれば、食事の後にコーヒーを飲むほうが望ましいです。

また、カフェラテなどのように牛乳などの乳成分や砂糖がたっぷりのコーヒーメニューも口臭発生の原因になりやすいです。

乳製品には『口臭発生菌』のエサとなるので、口に入ると増殖します。

それでも、カフェモカやフラペチーノ系など、ミルクを含まれたアラカルトメニューを飲みたい人は多いでしょう。

そこで、口臭を防ぐための対策を考えてみます。

特にミルクが含まれたコーヒーを飲んだら、できるだけ歯磨きを忘れないほうが良いでしょう。

面倒ならマウスウォッシュを携帯して口内のをすすぐだけでも予防効果を期待できます。

口の中をキレイにすると同時に、乾きすぎないよう水分補給を忘れないほうが賢明です。

デートや大事な商談などでコーヒーを召し上がるときには意識して実線する価値がありそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です