炎上覚悟の銀座ウエストの挑戦!子供連れの親のマナーと躾けに批判殺到

洋菓子店「銀座ウエスト」が公式ツイッターに投稿した内容は話題になっています。

銀座ウエストは有名な洋菓子店で、銀座に本店を置き、新宿伊勢丹、銀座三越などの百貨店にも出店しています。

4月24日、お子様連れ客のマナーについて投稿し、ネット上で意見交換や主張が話題となっています。

「炎上覚悟で申し上げます」という文章で冒頭から始まっています。

「小さなお子様をお連れの喫茶室ご利用のお客様へのお願い」というタイトルで投稿内容でした。

「大きなお声を出したり、走り回るなどのお子様の行為が周囲のお客様へ多大なご迷惑となっている場合がございますので、くれぐれもご注意の程何卒お願い申し上げます」という文言の詳細でした。

銀座ウエストさんは頑張ったと思います。

放任と無責任は違います。

子供をしつけるのは親の役目なのですから、情けない親が多すぎるのが問題です。

 

■親が悪い

客を選んでいる生意気な店と思われてしまう危険もあるわけですから、炎上を懸念するのも当然です。

炎上覚悟というお店に反してツイッターでは世間から共感の声が多く寄せられたようです。

騒ぐ子どもより、親のほうが悪い!子どもを躾けていない親のほうが悪い。

マナーは大切にするべきです。

しつけのできない親は外食に行く必要ないかもしれません。

小さい子どもがいるならば、お客様なら何をやってもいいわけではないです。

最近特に躾の出来ない親が多いと感じます。

走り回って泣き叫んで商品をベタベタ触っても、知らん顔している親もいました。

視線が痛いのか、ものすごい引きつった顔しながらも、とことん知らん顔している親もいました。

我慢できないのは子供ではなくて親の方です。

相応しい所作が身につくまで躾を繰り返し、人前に出しても恥ずかしくなくなるまで親が我慢すべき。社会のルールや所作は他人が教えるのではなく、他人に迷惑を掛けて学ぶものでもない。

子供連れの母親って走り回る子供をまったく無視のバカ親か、

周りの目も気にせず子供を怒鳴り散らすヒステリーか、どちらも多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です