捜査二課の特徴を暴露!詐欺・横領など経済・企業を追及

刑事部捜査第二課は企業の横領や談合に脱税、贈収賄や選挙違反、詐欺などの知能犯を扱う部署です。

捜査二課は世間のニュースやワイドナショーで話題になりやすい経済事件を担当します。

そのため、警察のエリートコースを目指すなら捜査二課の経験は必要だといわれています。

歴代の警視総監が多い捜査二課の仕事について詳しく見ていきましょう。

警察の刑事部には「一課」のほかに「二課」と「三課」、そして「四課」があります。二課は「知能犯」、三課は「盗犯」、四課は暴力団等の取り締りを担当。ただし、警視庁と福岡県警では四課を「組織犯罪対策部」「暴力団対策部」として独立させています。

捜査二課が担当する知能犯とは、詐欺や通貨偽造、贈収賄というお金・経済・企業犯罪に該当します。

また、公職選挙法に基づく選挙違反も捜査二課が取り締まります。

なお、世間で話題になっている振り込め詐欺も特殊詐欺に当てはまるので二課が受け持ちます。

捜査二課が追いかける知能犯は、衝動的に犯行を起こす輩と違って徹底的に調査して完璧なまでな犯行計画を練り上げています。

頭が良いと同時にずる賢く用心深いのが犯人の特徴の一つです。

警察官に犯行がバレたときを考えて事前に逃走方法などの対処策を準備しています。

例えば振り込め詐欺の場合、現金受け取る「受け子」、銀行口座から現金引き出す「出し子」、電話かける「かけ子」などの役割分担を明確にして、ネットワーク方式のような連絡網で指示命令を出したり詐欺計画を組み立てるリーダー格がいます。

したがって、現行犯逮捕しても末端の人間を捕まえただけなので、根本的な解決にはなりません。

リーダーたち、すなわち犯行グループの上役たちは逃走経路や証拠隠滅の方法を明確に把握しています。

ほとぼりが冷めるまで雲隠れされてしまうと一向に本命の犯人を逮捕できなくなります。

さまざまな詐欺グループたちが組織的に犯行を重ねているため、思いのほか見つけられません。

贈賄や選挙違反にも当てはまることで、犯行グループのリーダー格の連中を逮捕できなくて、使いパシリの人間を捕まえても証拠が不十分であると同時に、ホンボシまで捜査が届かないということもありえます。

そのため、事件の完全決着をつけるために、捜査二課の刑事は地道に捜査しています。

また、実行犯を検挙してもすぐに事件解決にはならないケースが大半です。

一方で、贈賄や選挙違反は別として、詐欺や通貨偽造の犯行内容が日々悪質に変容していて極めて巧妙です

近頃では、仮想通貨の詐欺が増えたり、融資保証や架空請求詐欺も痕跡を残さない巧みな犯人がいます。

これらに対応するためには過去の経験に頼ることができず、捜査二課の刑事は常に新たな知識と情報の取得が必要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です