残留農薬が不妊症の原因!オーガニック食品が重要な理由

人体や生態系に悪影響を及ぼす可能性のある農薬が使用されていました。

そして、農薬取締法により農薬は人体への影響の少ないものに変化してきました。

しかし、医師によると、現在使用されている農薬でも、食生活などの摂取で体内に残留すると、女性の不妊症などを引き起こす危険性が指摘されています。

 

■農薬は安全ではない

毎日の食事では野菜などは必需品です。

どうしても農作物を毎日食べていると農薬が怖いです

農薬とは病害虫や雑草などに使用される殺菌剤、殺虫剤等の薬剤です。

そこで農薬の身体からだへの影響について検証します。

病害虫や雑草から農作物を守るために、農薬によって一定の効果が得られます。

現在では農薬取締法により、人体に対する毒性が弱く、残留性の低い農薬になってきました。

今まで用いられてきたBHC、DDT( ジクロロジフェニルトリクロロエタン)、ドリン剤などの、残留性と毒性が強い農薬の売買を取り締まっています。

しかし、近年では頻繁に使用されている農薬には発がん性の強い物質も含有されています。

ネオニコチノイド系のグリホサートや殺虫剤という除草剤は危ないです。

ネオニコチノイド系の殺虫剤によるミツバチの大量死が問題になったことがありました。

また、体内でグリホサートが検出されたり、農薬として用いた野菜や果物を食べたことで摂取したと考えられています。

 

■急性と無症状の中毒

農薬の急性中毒も危ないと以前から知られています。

また、WHOによると農薬中毒者が増加傾向だそうです。

しかし、明確な症状がでなくても慢性的に心身に悪影響を与える無症状中毒という状態に陥ってしまうことが判明しています。

無症状中毒で問題になったのは鉛でした。

急性のものに限らず鉛中毒で鉛中毒で認知機能障害をきたし、行動異常も判明しています。

一方で、古い農薬には生殖器に障害をもたらすものもありました。

 

■農薬と不妊症

近年の研究発表によると、農薬で作られた野菜や果物の日頃から摂り続けていると残留農薬による不妊症の疑いが露呈されました。

安売りセールで盛り上がっているスーパーなどで売られている野菜や果物を食べていると、妊娠しにくいというデータもあります。

その一方で、無農薬の果物やオーガニック野菜を食べている女性は、妊娠成功率が高かったとのことです。

農薬も基本的には薬なのですから危険性があります。

製薬会社や農薬を作る企業に対して安全性の評価を厳格にして義務付けるべきです。

野菜や果物はできるだけオーガニック食品を食べるのを心がけるのをおススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です