サポート終わったブルーレイレコーダーを自分で修理する方法

ブルーレイレコーダーなどの家電製品は製造終了から8年で、メーカー修理をうけつけてくれないです。

修理受付終了後には自分でどうにかしなければいけません。

昔とは違って、現在はネットの情報収集力によって、たいていの電気製品を自分自身で修理できるほどの知識を養えるようになりました。

そこで、製造停止後に修理対応が終了したブルーレイレコーダーを修理する方法を検証します。

 

■ブルーレイレコーダーの分解手順

インターネットには、さまざまな家電の修理方法や手順を探せます。

さらに、修理するために必要な交換用の部品や工具類など、Amazonやヤフオクなどで入手できます。

ブルーレイレコーダーで頻繁に起こるトラブルといえば、劣化した光学ドライブが原因で読み書きできなくなるケースが多いです。

2007年に発売されたソニーのブルーレイレコーダー「BDZX90」を例に、ブルーレイドライブの交換までの流れを解説しましょう。

ブルーレイレコーダー本体の分解手順は商品名でで検索するとスムーズに見つかります。

交換用のブルーレイドライブが必要です。

ちなみに、動作確認済みのブルーレイドライブの中古品が、メルカリやヤフオクで複数出品されているなら、5,000円程度で購入できます。

 

■ブルーレイレコーダーが復活

内蔵HDDが機能不良になったブルーレイレコーダー本体も出品されていますので、これを探すほうが安く落札できるかもしれません。

中古だけにブルーレイドライブが正常に動くか心配なので、複数台入手しておくと安心です。

作業の順番は、ブルーレイレコーダー本体を分解し内蔵HDDを取り外してから、ブルーレイドライブを交換します。

分解手順を詳細説明したウェブサイトを検索して探して閲覧するのをおススメします。

外したネジ類は場所ごとに分類し、デジカメでこまめに写真を撮っておくと組み直しがスムーズに進みます。

不具合がブルーレイドライブに起因している場合は、これだけで復活する可能性大です。

組み立てなおしてからはHDDフォーマットや初期化は不要です。

この作業自体ではブルーレイレコーダーの録画番組に影響はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です