妻が風俗嬢だった過去しって夫は離婚できる?理由を検証

女性の中には、借金返済などの経済苦や生活苦のために、風俗店に勤務している場合があります。

不特定多数の男性に性的なサービスするお仕事というのは、抵抗を感じる方々もいるので、秘密にしておきたい女性もいるでしょう。

配偶者や家族にその事実を隠したまま結婚・出産し、生活をしている人もいることでしょう。

ただし、過去に風俗勤務していた妻がいずれかの理由で夫にバレてしまった!?

こんなとき修羅場になるときもあるようです。

さらに、離婚を切り出されるとうこともあるようです。

配偶者に風俗勤務の過去があったという事実を隠していたことで、離婚することが認められるのでしょうか?

結論から申し上げますと、過去の風俗店での勤務が判明しただけでは離婚は認められませんが、それによって関係が修復不可能になった場合は認められることもあります。

離婚原因として法律が定めているのは、民法770条です。

1項のうち、1号は不貞行為、などと細かに列挙されていますが、風俗店勤務という事実判明だけで離婚できます、とは規定されていません。

『風俗での勤務』は不貞行為や配偶者からの暴力などのように、わかりやすいものでもありません。

問題となるのは、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)となります。

過去に風俗店で働いていたことそのものが、配偶者にとって、「どうしても許せない!」というのであれば、「婚姻を継続し難い重大な事由」の一要素としては判断されるかもしれません。

しかし、婚姻関係を一度は結んだことで、共同生活の自助努力が配偶者に持たされています

そのため、「風俗勤務の過去を隠していた」という1つだけの事実では、難しいでしょう。(齋藤先生)

風俗勤めがバレるって、どんな形で判明したのでしょうか?

ネットに画像が残ってた、知り合いが教えてくれた・・・とかでしょうか。

性処理と欲望の為に風俗を利用する自分は良くて、生活の為に仕方なく働いていた女性もいるし、そのような女性を許せないのでしょか?

女性側は男性が風俗を利用した事があっても、結婚しています。

散々風俗やらAVのお世話になっといて、自分の配偶者だけは許せないというもの理屈に合わない。

「隠し事」は時に相手を傷つけないための「思いやり」になりますが、それがあだになることもあります。

愛する人なら、仮に過去にやむにやまれぬ理由での風俗嬢の歴史があったとしても、愛してくれるはずです。

もちろん「言いたくない」という気持ちも理解できますので一概には言えませんが、後々のことを考えるとすべてを打ち明けたほうがいいかもしれません。

風俗に興味がない男性なら、もし配偶者が風俗嬢だったら気持ちが萎える人もいるでしょう。

また、打ち明けたら、打ち明けたで「知らない方が良かった」という人もいるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です