ネコ夢中のおやつ大人気!「CIAOちゅ~る」で中毒猫が多い理由を徹底検証

「ちゅ~るちゅ~るちゃおちゅ~る~♪」というCMは耳に残っていて記憶している人も多いでしょう。

軽快な歌詞とメロディーにあわせて猫が無我夢中になってペーストを舐めまくっているコマーシャルが印象強いです。

この「CIAOちゅ~る」はどれだけネコちゃんを狂乱させるほどの商品ってことです。

中毒患者のようにちゅ~るを舐め続ける猫の動画がFacebookやインスタグラムやTwitterのSNSで流れたことで大人気になったようです。

評判高い理由を分析してみると面白い結果が判明しました。

販売会社のいなばペットフードは、タイカレーの缶詰で話題になったいなば食品の系列でしてアイデア力と企画力のある会社です。

「ちゅ~る」は、ネコが大好きな香り高く、適度な水分量、スティック状の包装といった新分野の猫のおやつとなりました。

飼い主からするとベチョッとしていて、スティックからちょっとずつ出さなきゃいけないし、手間がかかりますが、やわらかくて歯の弱い猫でも食べやすいんですよ」

「シーバ」や「モンプチ」は高級キャットフードのブランド商品で有名です。

これらもちゅーると同じような商品を発売しましたが、猫に食べさせてると、最も食いつきがよかったのは「ちゅ~る」でした。

圧倒的なガッツ感だったのが「ちゅーる」!あまりにも食いつきが良すぎたので、ちゅ〜るには『またたび』が入っているのか?と疑心暗鬼になるほどでした。

もちろん、成分表を見ると入っていなかったです(笑)。

でも、売れまくっている「ちゅ〜る」はあくまで「猫のおやつ」というのがコンセプトです。

猫の栄養バランスから考えると決して主食とはいえず「総合栄養食」ではありません。

ただし、総合栄養食と書いてあるちゅ〜るが一部だけ存在するそうです。

別の観点から考えると、おやつだからこそ、栄養よりの病みつきになるほど美味しさで勝負しているのかもしれません。

パッケージには「1日4本を目安に」と注意書きがあるが、

ちゅーる、すごく好きだし喜ぶけど、体のことが心配だから、めったにあげないほうがいいかも。

いくら喜ぶからといって、おやつを主食にするのはリスクが高いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です