白バイ隊員がノルマに苦痛!月末に取り締まる交通違反3つ

交通機動隊の各員には取り締まるノルマがあります。

月末になるとノルマ達成するために、たわいもないちょっとした違反を取り締まり対象にするそうです。

ノルマ達成でよく取り締まられる交通違反としては、一時停止違反が有名です。

セコイ違反には捕まらないようにしたいもの。

そこで、白バイ隊員の間で噂にしている、月末にねらっている交通違反の3項目を検証します。

月末はこれらの交通違反に特に注意しましょう。

 

■覆面パトカーで取り締まり

白バイ隊員によると、交通機動隊には目標件数があります。

このノルマとして、新人の隊員ですと月間100件の交通違反を取り締まることが目標です。

その目標件数を達成できないと、部署の来期予算を減らされる可能性も高まります。

そのためノルマ達成するために血眼になって奔走します。

第一のカモとなる交通違反として、片側一車線をゆっくり走って黄色線で無理な追い越しをする運転手をターゲットします。

この場合、昼間よりも夜半に覆面パトカーで走り回ることが多いようです。

法定速度の違反ギリギリまたはマイナス10km程度で走行しながら取り締まります。

すると、背後に追随した自動車やバイクはノロノロ運転しなければいけません。

こうなると逆煽り運転だといわれても仕方がないです。

バイクが追い越す場合が大半だそうで、そのときに白バイ隊員が即座に赤色灯を点灯させて追いかけます。

わざと徐行みたいにちんたら走行していると、運転手はイライラするので黄色線で追い越すと捕まります。

黄色線での追い越し禁止のルールはきちんと守りましょう。

 

■整備不良の交通違反に注意

第三に多い交通違反は、原付きバイクの2段階右折無視です。

大きな交差点で右折してくる原付きバイクを狙って取り締まりします。

そして、交差点を2段階右折しないで進行していく原付きバイクを厳格に確認します。

そのまま走り去られることも多いので、白バイを稼働。

白バイが交差点の端で隠れて待っているのを発見したら、原付きの2段階右折無視を見張っていると恐れがあります。

第二に、テールランプの電球切れなど整備不良を狙います。

クルマを運転している運転手は認識していない場合が多いです。

バイクも多いうっかりミスです。

このような整備不良を捕まえるとは何とも分かりやすいです。

速度違反よりも分かりやすいので反論できないです。

まずは事故や違反を未然に防ぐ行動をとってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です