マックポテトMの1.7倍「グランドフライ」と新ビッグマックの詳細

マクドナルドは4月18日から、マックフライポテトMサイズの1.7倍サイズとなる「グランドフライ」の販売を開始する。

「グランドフライ」(単品370円/税込み)は、5月上旬(予定)までの期間限定で登場するビッグサイズのマックフライポテト。

370円のポテトは高いですね。当たり前だけどカロリーも高そうです。

また、同時にMサイズの2倍量となる「グランドコーク」(単品290円/同)も登場する。

この「グランドフライ」と「グランドコーク」は、「グランドセット」として、Mセットに+100円で購入可能。また、「グランドフライ」のみ+60円、「グランドコーク」のみ+40円でグランドサイズにそれぞれ変更できます。

同じ日の4月18日から、日本初の新ビッグマック「ビッグマック ベーコン」(450円/税込み)と「ビッグマック BLT」(490円/同)を発売します。

期間は同様の5月上旬までの予定です。

今回登場する新ビッグマックは、生誕50周年を記念して登場する新メニューです。

「ビッグマック ベーコン」は、こだわりの100%ビーフと秘伝のソースが決め手のビッグマックに、店舗できっちりグリルしたスモーキーなベーコン2枚を合わせています。

ビッグマックのボリューム感にベーコンの旨みと香ばしさが加わり、強力なおいしさが口いっぱいに広がる。

一方の「ビッグマック BLT」は、ビッグマックにベーコン2枚、カットしたトマトを合わせたメニューです。

トマトのすっきりした味わいとジューシーさが加味して、ビッグマックの違う世界観を満喫できるでしょう。

マクドナルドの商品は進化しているのは認めます。

ただし、ここ数年、マクドナルドは魅力ある限定商品を出せなくなっているという意見もあります。

パテ1枚追加して+100円するよりも、無料で1枚追加にしたらめちゃくちゃ売上が上がると思います。

どうしても以前よりも業績アップするための企画やプロモーションがズレているように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です