キラキラネームの変更方法!自分の名前を改名する条件

最近は『キラキラネーム』が流行しているため、ご自分の名前に悩んでいる方々が増えています。

バカ親がつけた奇妙な名前で一生いじられるなら、なるべく早めに改名するほうが良いでしょう。

キラキラネームを付ける親は自らが頭の悪さをさらけ出していて残念です。

普通に読めない漢字ならば法律抜きにして変更手続きできるようにしてほしいです。

読めないキラキラネームを呼ぶ側にとっても迷惑なだけです。

当て字ならまだしも、普通の変換では出てこない漢字とか、フリガナがないと絶対に読めない名だと、長い人生でとても疲れるし面倒だと思います。

さまざまな理由から「自分の名前が嫌い」「なんとかして変更したい」と思うことはよくあります。

そこで、自分の名前を自ら変えることはできるのでしょうか?

可能な場合はどのような条件と手続きが必要になるのでしょうか?

『正当な事由』があればキラキラネームであろうとなかろうと変更できます。

戸籍法107条の2を根拠にすると、名の変更の許可審判の申し立てという方法があります。

ただし『正当な事由』があるという条件が必要です。

改名を考えている人は、その理由が正当であるか否かを考えましょう。

つまり、気に入らないとか風水とか、『自分の名前が嫌い、気に入らない!』という理由だけではスグには変更できません。

しかし、長い期間にわたって通称の別名を使っていて、一般社会で既に知れ渡っているときには、変更が認められる場合はあります。

長年その別名を名乗っていたことを証明するために、名刺などが必要になるようです。

『気に入らない』という理由だけでは改名できませんが、正当な事由がある場合と長年通称を使用していた場合ならば、許可審判の申し立てをすることで改名することができます。

ちなみに、15歳からは親の同意がなくても自分の意思だけで名の変更許可の申し立てができます。

住民票に記載している現住所を管轄する家庭裁判所の窓口を訪問して相談します。

窓口の職員がこれなら認められそうだと判断すれば親切に手続きの仕方を教えてくれるそうです。

申し立て書は弁護士に依頼しなくても自分で書類作成できます。

その費用は収入印紙800円と書類の郵送切手代、参考資料のコピー代となります。

改名したいならば、まずは家裁に相談に行くのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です