トヨタの自信作!レクサスLCの特別仕様車のブルーが最高傑作

レクサス LCの特別仕様車“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”が話題を集めています。

どうしてこれほどまでに注目度が高いのでしょうか?

レクサスLC の“Structural Blue”は、国内におけるレクサスの累計販売実績数が50万台に達したことを記念した特別仕様車だからです。

“ストラクチュラルブルー”とは、モルフォ蝶の羽から着想を得たというボディカラーです。

この色彩の新開発に成功し、艶やかでエレガントなLCの個性豊かな特徴をより一層引き出しています。

このモルフォ蝶とは、南米に生息していて「世界で一番美しい蝶」として名高い大型の蝶です。

羽自体は無色なのですが、光をうけて遮光によって特定の波長だけが反射して強調されます。

このような興味深い羽の構造によって、人間の目には青く輝いて見えるのです。

トヨタ自動車はこの仕組みを徹底的に研究して、なんと15年程も開発し続けて、自動車用の構造発色性顔料として実用化を成し遂げたのです。

青ではない光を吸収してしまって、青の光だけを強く反射させることで青色を発色します。

つまり、鮮やかに美しく輝くブルーのボディにたどりついた秘密はここに隠されています。

ぶつけたら間違いなく色が合わないでしょう。

けど、本当にキレイな色なのでうっとりします。

改めて日本の技術には感謝と感動を思い起こします。

内装のカラーに関しては、日の出や日の入りにだけ出現するといわれている“マジックアワー”という幻想的な空色を基調にした2色で彩られています。

この特別仕様車だけの限定色「ブルーモーメント」、もうひとつは“L package”限定として設定している「ブリージーブルー」の二つの色です。

どちら一つだけを選択しなければならないのですが、ある程度の時間を頂戴しないと決めれないほど悩みます。

他にも魅力満載の機能や特色があります。

CFRP製の専用スカッフプレートを採用しています。

カラーヘッドアップディスプレイ、ステアリングヒーター

ポリッシュ仕上げでブラック塗装の21インチ鍛造アルミホイール、

マークレビンソン・サウンドシステムなど、どんな人でも満足させてもらえる装備が特別仕様になっています。

価格は5.0リッターV8のガソリン仕様が1,475万円、

3.5リッターV6のマルチステージ・ハイブリッド仕様が1,525万円。

レクサスの特別仕様車ということなら、これくらいの価格は妥当だと思います。

花粉、黄砂や砂ぼこりでこの車の汚れが気になりだしたら、めんどくさがり屋な人でも丁寧に洗車するようになるでしょう。

それほど一度所有してしまうとほったらかしにしたくならないほどの愛車になるのが確実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です