相撲協会に非難殺到!多々見市長を救護した女性『土俵降りろ』にブーイング騒動

相撲界では、新たな騒動を巻き起こしました。

最近では弁解できないような暴力事件が相次いでいたのにまたまたとんでもない失態となりました。

4月4日、京都府舞鶴市の舞鶴文化体育館で相撲界の地方巡業「大相撲舞鶴場所」が開催されました。

その時に、熱烈なファン以外からは信用度がガタ落ちの相撲界で、またまたとんでもない事態となりました。

怒りを通り越して失望の声が殺到しています。

舞鶴市の多々見良三市長が挨拶のために土俵に上がった際、途中で急に倒れて微動だにしなかったです。

満員御礼だった会場は騒然としましたが、観ていた看護師の女性たちが、スグに土俵に上がり心臓マッサージを始めました。

事後に市長が倒れた理由として判明したのはくも膜下出血だと判明しました。

この度の女性看護師さんがいなくて救急処置していなかったら、、人命にかかわる症状でしょう。

それこそ彼女たちは救世主になるかもしれない事態でした。

ところが、場内アナウンスで女性が土俵に上がるのは相撲の伝統に禁止されているという理由で、日本相撲協会の職員らしき人物が『女性は土俵から降りてください』と何度も発言しました。

これを聞いていた場内の観客らはかなり驚いていたそうです。

あまりに高慢で非常識な相撲協会関係者の対応に参加していた観客らが激昂した言い分をツイートをした結果、世間に暴露されました。

その後、市長は担架で搬送されて、ツイートを読んでも、にわかには信じられない。

SNSなどWebでは相撲界に対して非難殺到した投稿でブーイングのあらしとなるのは当然でしょう。

人命を助けるため一分一秒争うこの時に信じられない発言」

「人命より土俵のルールを優先するとは言語道断」

「これで国技だなんて恥ずかしい、人命救助が優先でしょ」

など、さまざまなの怒りのコメントが集まっています。

日本相撲協会の八角理事長は、救命処置にあたった女性への場内でのアナウンスが不適切だったと謝罪コメントを出しているけど、この体質への批判の声は収まりそうにないです。

救護していた看護師の女性に土俵から降りるよう指示した行事や、無能な相撲協会は猛省すべきです。

また、何が起きても一切責任を負わないで、再発防止に取り組みますと口達者で行動力に欠ける八角理事長への批判も増えています。

部下のミスを長として逃げる事なく謝罪するのは当然だとしても、いい加減責任を取り辞任してほしい!という主張さえ出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です