恋愛トラブル!リベンジポルノ対策のデータ破壊は刑事罰

嫌がらせや復讐のために、性的関係の人間の裸体や性行為などの写真動画を公開するリベンジポルノは社会問題になっています。

2014年に制定されたリベンジポルノ被害防止法は、『私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律』として取り締まり強化したのですが、相談件数は毎年増加を続けています。

そもそもリベンジポルノによる被害を予防するためには、撮影させないことが最も重要です。

ところが、撮影されてしまったデータを消去させたいのに、相手に拒否されてしまったらどうしたら良いのでしょうか。

 

■スマホ壊すのは犯罪、データ消去はOK

交際していた恋人や結婚相手と別れる際、撮影した写真の消去を求めたがどうしても聞き入れてもらえなかった状況を考えます。

相手からスマホやデジカメやSDカードなどのデータ記憶装置を奪い取って許可を取らないで破壊してしまった。

この場合は罰せられるのでしょうか?

もし相手が告訴すれば、器物損壊の罪の問われることになります。

どのような理由があっても、相手の所有物を勝手に破壊してしまうと犯罪となります。

一方で、端末などの機械ではなく、データを消去するだけでは器物損壊罪に該当するのでしょか?

これは犯罪行為には該当しないと考えられます。

器物損壊罪は、『他人の物を損壊し、又は傷害』が成立する場合なので、データはこれに当たらないと考えられます。

また、私的な写真であれば、文書等毀棄罪にも該当しません。

よってこの場合は、データ消去するだけでは犯罪行為となりません。

 

■撮影させてはダメ

リベンジポルノの予防工作をするうえで、相手が所有するデータを消去するのは大丈夫なのですが、そんな行動をするのは疲れます。

できればそのような強引なやり方はしたくないもの。他にどのような手立てをとればよいでしょうか?

基本的には、合意の上で写真を撮っているならば、リベンジポルノに該当するような公開行為をあらかじめ防ぐような法的拘束力を仕掛けるのは難しいです。

しかし、消去を要求したときに脅迫恫喝めいた言動をされたなどがあった場合には、慰謝料請求したりして一定の圧力をかける方法があります。

でも、不十分でしょう。

写真を撮らせてしまったらそのデーターは撮影者のものです。

リベンジポルノの最大の予防工作は、世間に暴露されると甚大な被害を被るような写真動画を撮影させないことです。

どんなに心を許してても、そういう性的な写真や動画は撮らせたらいけないと肝に銘じておきましょう。

盗撮なら別だけど、撮らせるなら、撮るなら、流出の危険性を覚悟しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です