養育費の減額請求は可能?生活費が厳しい理由では無理

既婚女性からの相談が弁護士にきました。

「今の夫と再婚していて、前妻に養育費を払い続けています。私たちの生活が苦しいので、どうにかして減額請求を通したいのですが何か方法がありますか。」という相談内容です。

離婚したときの慰謝料は支払い済だそうです。

しかし、生活費が厳しいことを理由にして、養育費を減額してもらいたいそうです。

この相談に対して、離婚した原因が『相談者の女性が不倫略奪婚したなら許せないので減額はダメ』『減額してもOKでしょう』と賛否両論となっています。

実際のところ養育費の減額が可能なのでしょうか?可能ならその根拠は?

結論から申し上げますと、毎月の生活が苦しいだけでは、前妻に養育費の減額は不可能です。

「事情の変更」があった場合のみ認められます。

離婚時に一度決めた養育費の金額の減額を求めるためには、当事者間で合意できない場合、家庭裁判所に対して「養育費減額調停」を申し立てる必要があります。

養育費の減額が認められるためには「事情の変更」が必須です。

事情の変更として認められるのは、離婚時から一定期間が経過し、相当程度事情が変わった場合になります。

たとえば、支払い義務を有する元夫が失業して収入がなくなったり、収入が大幅に減少したとき。

権利者(元妻)の収入が大幅に増加したとき。子どもが大きな病気をしたり、大学進学など臨時で大きな費用が必要になったなど多岐にわたります。

単に生活が厳しいというだけでは減額理由として不十分です。

失業したり、収入が大幅に減少したという事情があれば、養育費の減額が認められる余地はあります。

元妻にだって生活があります。

相当な理由がないと同意なんて出来るわけないのも理解できます。

この女性も養育費の支払いがあること知ってて結婚したのかもしれません。

夫の収入減の場合は仕方ないとしても、そうでないなら無計画と言わざるを得ないです。

「自分たちの生活のために犠牲になって下さい」って言ってるように聞こえます。

養育費を払えないなら再婚をするなと言いたいし、誰の子のための養育費なんだと問いただしたいです。

略奪じゃないにしても、バツイチで養育費払ってるの分かってて結婚したんじゃないの?とも言いたいです。

なんで結婚前に考えなかったのでしょうか?

その一方で、減額ならまだましで、養育費を払わない男性もかなりいます。

そしてまともに養育費の払いもしないのに、子どもに会わせろと騒いぐ元旦那とその両親もいます。

養育費を減額して欲しいならそれなりの対価を払わないといけないと思います。

週末、春休み、夏休み等、日数を決めて前妻の子供の面倒をみるのはどうでしょう。

共同親権が当たり前の海外では再婚相手の前妻との子供を我が子の様に面倒をみるのは普通です。

日本では離婚後、単独親権しか選択できないが海外の様に共同親権も選択出来るように法改正をしないといけないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です