ボルボ新型SUV「XC40」の評判!価格・機能性・安全性が凄い

ボルボ初のコンパクトSUV「XC40」がいよいよ日本に上陸した。エンジンは2機種、全7グレード構成で、価格帯は389万円~549万円です。

 

■グレードおよび価格
XC40 T4=389万円
XC40 T4 モメンタム=439万円

XC40 T4 AWD モメンタム=459万円
XC40 T4 AWD R-デザイン=489万円
XC40 T4 AWD インスクリプション=499万円
XC40 T5 AWD R-デザイン=539万円
XC40 T5 AWD インスクリプション=549万円

 

1月末に先行リリースされた300台の限定モデル「XC40 T5 AWD R-Design 1st エディション(559万円)」はスグに完売しています。

このXC40は、3月5日のジュネーブショーで、ボルボ史上初めて「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得しているほど評価されました。

近頃のボルボの躍進は素晴らしいです。

「XC」をようするボルボのSUVシリーズの中でもっともコンパクトな新型XC40は華やかです。

乗り心地や機能性の良さを実感しやすい装いを基本にしています。

SUVのパワフルな特徴と、ボルボの伝統的なデザインを取り入れて魅了してくれます。

個性的でセンスの良さを感じさせるスタイルだと評判高いです。

そのボディサイズは、全長4,425×全幅1,875×全高1,660mm、ホイールベース2,700mmと公式発表されています。

車庫入れ、狭い道路でのすれ違いなどでは注意しないと危険な場合もありそうです。

でも、素晴らしい居住性とスタイル、走りの安定感などとトレードオフならば許容できる範囲だろう。

また、最低地上高に注目してください。

210mmもあるので余裕の高さを確保しているだけあって、SUVならではの快適さを味わえます。

エンジンは、2.0L直4・直噴ガソリンターボの「T4」と出力違いの「T5」の2種類あります。

T4は最高出力190ps/4,700rpm、最大トルク300Nm/1,400-4,000rpm、T5は同252ps/5,500rpm、同350Nm/1,800-4,800rpmを発生する。

トランスミッションはいずれも8速ATと組み合わせ、駆動方式はAWDもしくはFF(T4エンジンのみ)から選択できます。

ボルボはディーゼルエンジンの評判が高いです。

しかし、全モデルを電動化すると発表しているので、ディーゼル仕様を日本に導入しないそうです。

近い将来の次期モデルでは、48V(ボルト)電気システムを搭載したマイルドHV、PHVとピュアEVになりそうです。

室内空間は上質で洗練されていて、収納スペースとアイテムが圧倒的に使いやすく、国産車の有益性を超えるほどです。

460Lのラゲッジスペースには折り畳み式のラゲッジフロアを装備し、床下にはトノカバーを入れています。

また、16種類以上の安全性を備えた運転支援技術「インテリセーフ」をすべてのタイプに標準装備しています。

380万円代から選択出来るのはかなり評価できると思います。

余計なもの削ぎ落としていますが、安全装備は全て同等、動力性能も必要十分ですから魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です