お酒飲んで自転車は法律違反!酒酔い飲酒運転で罰金と懲役!?

飲み会あるから、自動車をやめて自転車を乗ろう!という選択は正しいのでしょうか?

お酒を飲んだ状態で自転車を乗ってしまうと、『飲酒運転』になるのを理解していないと危険です。

自動車は分かり切っていますけど、自転車も歩くよりも高速で移動できる乗り物です。

自転車は自動車よりも気軽に乗れるものです。だからといって、安全な乗り物というわけではありません。

そのため自転車といえども、酔っている状態で移動するのはとても危ないです。

泥酔していると転倒するリスクはもちろん、通行人と衝突してしまったり、自転車などの乗り物にぶつかるリスクが高まります。

周囲の人も巻き込む事故になりかねません。

また、あえて、すなわち故意によらなくても、誤って他人に損害を与えてしまったなら、損害賠償義務の対象となります。

『飲んだら乗るな』この言葉を肝に命じて、お酒を飲んだ帰りには歩いて帰ったり、タクシーで帰ったりするなどが無難でしょう

道路交通法第65条1項には、

「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。」と規定しています。

ところでこの条項で争点になるのは、「酒気を帯びて」という文言はどの程度のレベルなのか、「車両等」とはどんな車両が含まれるのか、これらの解釈でしょう。

実は、自転車も車や原付と同様に『車両』とされているのです。

そのうえで、自動車と自転車のいわば攻撃力の違いのようなものが、飲酒の程度に対する規制として表れています。

自動車の場合に該当する法律違反には二種類あります。

【1】『飲酒運転には酒気帯び運転違反』

呼気1リットルあたり0.15mg以上もしくは血液1ミリリットルあたり0.3mg以上を含んだ状態での運転です。

【2】『酒酔い運転違反』

アルコールの検出量とは無関係で、酔ってしっかりと運転できない状態での運転です。

では、自転車の場合はどういう法律違反になるのでしょうか?

結論から申し上げますと、『酒酔い運転違反』のみが適用されます。

自転車で飲酒運転して逮捕されると、『酒酔い運転違反』となり、5年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

自動車と同等の罪状となる可能性があります。

もちろん、情状酌量となって、『飲酒したいきさつ』、『初犯』、『注意義務の有無』など、さまざまな事情を配慮することになります。

しかし、実際に飲酒運転をした人だけではなくて、お酒を提供した人や店も罪に科されるおそれがあるので、十分に気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です