レンジローバー限定車が高性能で美品!999台だけ販売

「レンジローバー SV クーペ」がラグジュアリー感が素晴らしく奥深いです。

ジュネーブモーターショーで世界で初めて公開された「レンジローバー SV クーペ」は、高級感と高性能をもちあわせているのを披露しました。

販売数が999台だけの限定車で発売されるため稀少価値が高いです。

「レンジローバー SV クーペ」は、全長5mほどのフルサイズSUVでありながら“2ドア”を採用していて面白いモデルです。

ジャガー・ランドローバーのデザインチームとオーダーメイドを担うSVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)が共同研究しています。

レンジローバー独自のデザイン性や高機能で素晴らしいパフォーマンスを発揮するために、1台ずつ丁寧に手作業して設計し組み立てています。

心臓部のエンジンにはレンジローバーの中でも最もパワフルです。

なんと5.0リッターV8スーパーチャージド+8速ATを搭載しています。

最高出力は565ps、最大トルクは700Nmを発生して、0-100km/h加速は5.3秒です。

しかも、最高速度は266km/hだと発表されています。

そのほか、フルタイム4WDやエアサスペンションを装備していて、悪路でも走破できるほどの乗り心地を体感できます。

価格は3,500万円ほどになるそうで、マンション買えるほどの金額にはびっくりします。

シンプルなデザインでありながら繊細で美しいフォルムに清純な気持ちになれてすがすがしくなります。

フローティングルーフは独特で浮上しているようにみえて高い空間を感じます。

リアビューやウエストラインがすっきりしたフォルムにみえるのに車内は広々とした装いに手を抜いていません。

144個のLEDを搭載したピクセルレーザーのLEDヘッドライトはやさしい光です。

「レーザー・サプルメンタリー・ハイビーム」は、4つのレーザーダイオードを使用しています。

これは標準LEDと比べると5倍もの照度で照らすほどの機能です。

センターコンソールは幅広くて後席まで通しています。

インテリアは贅沢で4座で高品質でありながらユニークです。

3つのディスプレイを配したコックピットは、実にシンプルかつ凛とした美しさを感じる。

シートヒーターやクーラーを装備している電動調整式シートには、特別仕様のセミアニリンレザーを採用しています。

しかも、前座席と後部座席とで違くカラーを配色したコーディネイトも選択できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です