飲食店の団体予約をドタキャンしたらどんな罪になる?

居酒屋などの飲食店を団体予約したにもかかわらず連絡もしないで当日にドタキャン…。

SNSの中でもTwitterを利用してお店側が悲痛をツイートして、ニュースで取り上げられることも度々あります。

様々な意見がありますが、予約した飲食店をドタキャンすることは罪に該当するのでしょうか?

 

■ドタキャンによるお店の痛手

居酒屋にかぎらず飲食店を予約、ドタキャンすることでお店は以下の様な被害を受けます。

予約人数に合わせてさまざまなマイナスが生じます。

下準備していた食材や座席予約が台無しになります。

手配した従業員の人件費の経費がかさむ。

キャンセルしてくれたら来店を断っていたので売り上げが低下します。

 

■犯罪に該当する場合も!?

大人数の予約したのに連絡もなくキャンセルして、キャンセル料も支払わない場合や同じお店に対して何度もドタキャンするような悪質な場合、お店の営業妨害ということで、業務妨害罪に該当する可能性があります。

ただし、必ずしもそうなるわけではありません。

一方で、犯罪にはならない場合でも、お店には損害賠償請求をする権利があります。

そもそも予約が成立した時点で、法律的には客とお店で“売買契約”を結んだことになります。

お客の都合で自己都合で予約を破棄することは犯罪にはなりません。

しかし、お店側は契約破棄されたことで生じた損害をお客に請求することができます。

双方の妥協点がみつからない場合、最終的に民事裁判になります。

 

■お店側が対応に悩む理由

被害届を出したり、損害賠償請求をすれば、お店はドタキャンされた分の損失を取り戻せるかもしれません。

しかし、お店としてもドタキャンした客に対して強い態度を取れないのが実情のようです。

ドタキャンをした客が悪いのは事実ですが、トラブルになったことが口コミやSNSで拡散してしまった場合お店のイメージが悪くなってしまいます。

飲食店のドタキャンに関してはお店側が泣き寝入りをするケースが多いのが実情のようです。

大人数の場合は、前金でも当たり前な世の中にならないとこの被害は無くならないと思います。

キャンセルする客が社会常識が欠如していて悪いという意識が薄いです。

正直、その被害で潰れる可能性だってあるし、赤字になることだってある。それを理解してほしいです。

5名以上のドタキャンはキャンセル料発生などお店側も対策しても良いでしょう。

泣き寝入りは可哀想ですけど、いくら許せないからといってSNS使って団体や個人情報の拡散はやりすぎだと思う。

今回話題になったお店は近いけど死にたいだ、許さないなどというお店に足を運びたいと思わないなぁ。予約確認も曖昧だったし、双方悪いという印象。

いずれにしれも、犯罪に該当する可能性や訴訟問題になることもありえるので、キャンセルが決定したらできる限り早くお店に連絡するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です