ユナイテッド航空のトラブル!オーバーブッキングのお客に100万円相当の旅行券譲渡!?

ユナイテッド航空の印象が悪くなるようなニュースが飛び交っています。

乗客を機内から引きずり降ろしたり、ペットを荷物棚の中でなくなってしまう・・・さまざまなトラブルが発生していることで有名になっていました。

そのような状況下、同航空でオーバーブッキングが発生してしまったときのやり取りが話題になっています。

米ワシントン在住の女性はユナイテッド航空から座席を諦めるように言われました。

『Inside Edition』『ABC News』『CNBC』などは、お客側が満足できる対応を受けた模様を伝えています。

3月22日午前、ワシントン在住のアリソン・プレイスさんは、女性が結婚前に行う独身最後のパーティー「バチェロッテ・パーティー」を週末に行うテキサス州を訪れる予定でした。

ワシントン・ダレス国際空港からオースティン・バーグストロム国際空港へ向かうユナイテッド航空の搭乗手続きを行ったときに、ユナイテッド航空側は、オーバーブッキングを告知しました。

搭乗を諦めてくれる乗客を探していたが誰もいなくて、アリソンさんも予約フライトを逃したくなかった。

しかしアリソンさんは最安値で航空券を購入しており、フライトを諦めるよう言われた。

そんなアリソンさんは当初、ユナイテッド航空から2,000ドル(約21万円)の旅行券をオファーされたが、航空券代分の650ドル(約68,000円)を現金で受け取りたいと申し出た。

それに対し同航空は断固として旅行券のオファーをすすめ、結局アリソンさんには1万ドル(約105万円)の旅行券が渡され、次のフライトの搭乗手続きをされたという。

とはいえ、会社側の都合でお客を降ろしといてなぜそんなに返金を嫌がるのでしょうか。

「何がなんでも現金での払い戻しはしない」という断固たる姿勢を感じます。

この件でユナイテッド航空側は、昨年4月に改訂されたポリシーに従ってアリソンさんに1万ドルの旅行券を進呈したことを認めていますけど、21万が30万くらいまでならまだしも105万にまで膨れ上がるのも不思議です。

また、もしその旅行券で乗ってオーバーブッキングのとき、「旅行券だから」という理由でまた降ろされる!?そんなことを考えてしまいます。

アリソンさんは自身のツイッターに投稿していて、

「ユナイテッド航空は、意地でも現金を返金しなかった。

結局1万ドルの旅行券をオファーされて、フライトが遅れるという経験の中で最高だった。

飛行機から引きずり降ろされたわけでもないし、飼い犬を機内で殺されたわけでもないし」

と皮肉めいた投稿をした内容は笑えます。

「白人でアメリカ人だから、これだけの対応だったのでは?」

「白人には商品券でもアジア人には暴行した航空会社。アジア人にも同様の対応があるんですかね?」

などの批判コメントも目立っています。

また、「今回のフライトでは旅行券を使用不可です」などの対象外とか言われて利用したいときに使えなくて、いつの間にか期限切れという残念なことにならないのを祈るばかりです。

度重なる不祥事があっても、オーバーブッキングになるぐらい予約をするユナイテッド航空には呆れます。

同航空が汚名返上を試みたのかどうかは定かではないが、今のままだと信頼回復するまでにはまだ時間がかかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です