排水口つまり予防と掃除方法!自宅で予防と汚れ落とす簡単な方法

台所の排水口が詰まったとき、具体的な対応方法はありますか?

また、詰まる前に流れが悪くなる前にやっておくべきことはあるでしょうか?

業者を頼むと、台所を綺麗にしておかないと恥ずかしいですし、お金もかかります。まずは自分でできる簡単な方法を試してみましょう、効果があるかもしれません。

 

■つまりの原因

料理しているときに細かい野菜などの食材が、排水溝にすり抜けてしまうことが考えられます。

また、排水口が詰まりやすい原因で最も考えられるのが「油汚れ」です。

油を直に流していなくても、油の食べ残しや食器や調理器具にも油が少なからず付着しています。

お皿洗いすると少なからず油が流れてでて、排水管にへばりつくことになります。

何度も何度も油汚れが流れて、排水管の壁に何層にもなってついてしまいます。

さてそれでは簡単にできる解決策です。

 

■市販のクリーナー

完全に詰まっていない場合の方法です。

排水口の蓋やゴミ受け、ワントラップという呼び名の排水口の蓋を取り外します。

排水口の入り口に、専用の洗剤や液体洗剤を流し込みます。

そして、しばらく放置してこびりついた頑固な汚れを溶解してお水で洗い流します。

洗剤の成分で油の汚れを取り除く一番簡単な方法ですね。

洗剤を流し込む前に、洗浄効果を上げるやり方があります。

第一に、洗剤が入っているボトルをお湯で温めて洗剤の温度を上げてください。

第二に、流すとき70℃ほどのお湯を流し込んでください。

 

■ペットボトル

ペットボトルを利用して空気を送り込むことで、排水管内の圧力を上げて汚れを流れやすくします。

ホームセンターで販売しているような「真空式パイプクリーナー」をペットボトルで代用しているのと同じです。

2リットルのペットボトルを排水口に隙間ができないように入れ、何度かペットボトルを押して空気をいれます。

これを何回か繰り返しているうちに、つまりが解消されていきます。

 

■タオルとお湯

お湯が勢いよく流れる時の水圧を利用して、汚れを流してしまう方法です。

使わないタオルで排水口をしっかり塞ぎます。

あとでタオルを取り出せるだけ残して、排水口にタオルを詰め込みます。

漏れないように詰め込んだら、シンクにお湯をためて放置します。

その後にタオルを一気に抜き取ります。

使い古したタオルを使うので安上がりで効果の高い方法です。

また、余計な作業をしないためにも毎日掃除をキチンすればいいだけです。

台所を使ったあとに、お湯を排水口に流しているだけで、油汚れをおとせるのでシンプルな方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です