飛行機の主翼トリビア!三角形マークついている座席の名前と意味

飛行機の機内のある所に、窓の上の三角マークに気づいたことありますか?

飛行機に乗ると、様々なマークやサインがあちこちにあります。

禁煙やシートベルト着用のサイン、トイレの使用有無、非常口、キャビンアテンダントを呼ぶボタンを押すと点灯するランプなど。

その中でも、小さな三角の印が窓側の上方向についているのを見かけたことがあるでしょう。

全席についていないマークで、全ての飛行機にこのサインがついていません。

三角のマークがついている飛行機の座席にはどんな意味なのか、このサインの座席を利用するときはどのような事になるのか、気になるでしょう。

小型の三角形マークは「ウィリアム・シャトナーの座席」という呼び名だそうです。

ウィリアム・シャトナーは固有名詞で有名な俳優だったとこと。

1960年代から続いていた「スタートレック」に、カーク船長として出演していました。

名前が分からなくても顔をみれば判別できる方々が多いでしょう。

そして、三角マークの座席を、ウィリアム・シャトナーのシートと呼ぶ理由があります。

ウィリアムが出演したアメリカのテレビドラマ「トワイライト・ゾーン」にあるとのこと。

「二万フィートの戦慄(Nightmare at 20,000フィート)」というタイトルの放送回で、疲労困憊の男性が飛行機に乗り、嵐に見舞われると、飛行機の翼の上にオバケが立っていたのを見た!

そのお化けをみた男性キャラを演じたのがウィリアムシャトナーとなります。

その結果、主翼の上の異物があるなしをチェックしやすい窓という意味になったそうです。

トワイライトゾーンの映画版では、飛行機の翼の上に怪物がいて翼を剥がしている話も映画でした。

化け物が翼を剥がして壊してるんだけど他の人は全く気づかない、かなりインパクトのある映画だったのを覚えています。

飛行機にのったときに、「三角マークはありますか」とCAさんに質問してみると、機内確認してもらっても見つかりませんでしたが、その意味も教えてくれました。

機材によって主翼の上には、雪がのっているのかを確認するために黄色マークが装着しているとのこと。

雪の有無をチェックするためにマークが最も見えやすい窓になるのが、三角マークの座席を示しているそうです。

天候に応じて、パイロットが離陸前にウィリアム・シャトナーのシートの窓から雪の状況を確認するみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です