ツアー初優勝の大坂なおみ!優勝賞金が今までの獲得賞金を超えた

大坂なおみがツアー初優勝!“第五のグランドスラム”と呼ばれ、40万人以上の観客を集める人気大会のBNPパリバ・オープンで達成というニュース報道に日本中で話題になっています。

この快挙は全世界を驚かせました。

今大会は元世界1位のマリア・シャラポワ、そして現女王のシモナ・ハレプを完全に押して勝利しました。

合計7試合で1セットしか失わなかったのですから、ものすごい勢いで優勝を勝ち取りました。

今大会の優勝賞金は約134万ドル(約1億4000万円)でした。

プロ転向してから5年間で稼いだ獲得賞金、つまり生涯獲得賞金は148万ドルでしたので、その額に近い金額です。

万が一、準優勝だったのならば65万ドル前後でした。

つまり、決勝の1試合で70万ドル近くを稼いだことになります。

プロテニスの賞金は1試合勝ち抜くごとに賞金がだいたい倍増するのでわかりやすいです。

1回戦敗退なら1万5000ドルだけです。

そこそこなお金をもらえると思えるかもしれませんが、実は全く稼いでいません。

テニス選手はコーチの分も含めて移動費や宿泊費などすべての経費を選手側が負担します。

一回戦敗退でもらえるお金では、ほとんど経費で消えて手元にお金が残りません。

その大坂はカリフォルニア州で開催された本大会の終了後、次の大会が開催されるフロリダ州マイアミに向け、プライベートジェットで移動しました。

しかも決勝で対戦したダリア・カサトキナ選手と一緒にプライベートジェットで移動したというから驚きます。

しかし決勝戦まで勝ち上がったため、翌週のマイアミ大会まで日程の余裕がなくなり、カサトキナ選手とプライベートジェットに同乗したそうです。

次のマイアミ大会では主催者推薦で出場する元世界一のセリーナ・ウィリアムズと一回戦で対戦します。

大坂はセリーナと姉のビーナス、シャラポワの3人と対戦したいと明言していました。

ビーナスには昨年11月の香港オープンで、シャラポワには本大会で勝利しています。

マイアミ大会で、念願のセリーナ越えを達成できるのか注視したいですね。

大阪はまだ20歳だとは驚きます。

180cmから打った剛速球!は凄いです。

対戦した相手選手たちの中には泣きごと言っていたそうです。

それと試合とインタビューのギャップが可愛かったです(^^♪

3才からアメリカ在住していたので、日本語はほとんど話せないそうです。

そもそも国籍を日本にするメリットってあるでしょうか?

生まれた国が日本であって、育った国はアメリカですから、アメリカ人でもいいと思います。

暮らす国の人になった方が妥当です。

確かに自由だけど、日本生まれの日本育ちの日本語を話す外国人もいます。

 

国籍を日本にするメリットあるというならば、オリンピックに出やすくなることぐらいでしょう。

残念ながら、これまで彼女の暮らしてきた場所や現在勉強しているとはいえ日本語が不自由な所を考えると、

日本国籍にするメリットは2020年の東京オリンピックくらいしかあまり思い浮かばないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です