バイク王2期連続で営業赤字になった理由

「バイク王」と聞けば、「バイクを売るならゴー、バイク王~♪」の印象的なテレビCMを思い浮かべるのではないでしょうか。

テレビCMでお馴染み「バイク王」を運営する中古バイク買い取り最大手、バイク王&カンパニーの業績が急激に悪化しています。

バイク王が1月10日に発表した2017年11月期決算は、営業損益が2億6,300万円の赤字でした。

前年同期は5億300万円の赤字でしたから、2期連続での営業赤字とり、上場以来初めてとなります。

売上高は前年比7.4%増の182億円、最終損益は4億100万円の黒字(前年同期は5億8,600万円の赤字)でした。

最終損益に関しては、駐車場事業の売却益約6億円が黒字化に大きく貢献しました。

逆に言うと、駐車場事業の売却益がなければ最終損益が赤字になっていたかもしれません。

売上高の増加は、販売台数が前期並みだった一方で、1台あたりの売上高が大きく上回ったことが寄与しました。しかし、経費を賄えるほどの増加ではなかったため、営業赤字を解消するまでには至りませんでした。

17年11月期こそ増収となりましたが、競争の激化で近年は売上高が減少し続けています。

バイク事業において重要な役割を果たしているバイク買い取り専門店「バイク王」は09年8月には100店に達するほどでした。

しかし、その後は売上実績が鈍化して、事業縮小を余儀なくされていて、18年2月末には57店にまで減っています。

バイク王は1994年9月に創業しました。当時、バイク利用者がバイクを売る場合、販売店に持ち込んで売却したり、個人売買で売却するのが一般的でした。

しかし、販売店で売る場合、買取価格や査定が曖昧だったので、評判が悪くなっていました。

そこで顧客層の不満にバイク王は注目して創業しました。

査定額やオークションでの平均販売額をオープンにし、顧客からの信頼獲得を狙ったのです。

さらに、出張買取をスタートして店舗で待たせることなく営業を行いました。

出張料が不要で書類手続きを代行してもらえるなら便利ということで、バイク王は急成長しました。

そこで重要になるのが、顧客たちに知らせるための広告宣伝になります。

「バイク王」の知名度を高めて、店舗に連絡してもらうのがポイントになります。

バイク王はチャレンジして宣伝広告費を投入することになりました。

松居秀樹などのテレビCMを放映したり、PPC広告などのWEB広告を外注したりして、バイクを大量に収集していました。

近年の売上高に占める宣伝広告費の割合は15%程度にもなるほどです。

バイク王は買い取ったバイクの9割をオークションで売却、現金化しています。

比較的時間がかからないで売上債権を回収できるうえに、在庫コストを抑えることができます。

あとの1割程度は店舗販売となります。

バイク王は増収増益して成長してきましたが、競合会社が増えて徐々に業績が低迷していきます。

売上げ低下につながったのは、価格比較サイトが影響しています。

価格比較サイトによって複数社に一括査定を依頼できるようになったので、バイク王以外で販売する顧客が増えてきました。

2つの比較サイトでバイク王(当時の社名はアイケイコーポレーション)を含めた6つの業者が価格査定を行なっていたとき、

バイク王以外の5業者すべてがバイク王の関連会社だったのです。

つまり、6業者が買い取り競争をしているかのように偽造していて完全な自作自演です。

また、買取価格と査定の曖昧さ、買い取り価格が低価格すぎること、売らなかったときに執拗な勧誘などに対して、さまざまなクレームが殺到していました。

その結果、バイク王の評判がどんどん下がってしまって業績が悪くなったのです。

試行錯誤しながらバイク王は小売り併設店を増やしていく経営戦略を打ち出しました。

しかし、店舗を拡大するには大きな資金が必要になります。

打開策の一つとして、駐車場事業の売却益で対処するという考えがありそうです。

とはいっても、自作自演による価格操作、価格・査定の曖昧さなどによって不信感が増してしまって信頼回復が大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です