前髪でイメチェン成功!骨格あわせて小顔美人の方法

髪型を大幅に変えるのは抵抗あるなら一押しなのが、前髪のイメージチェンジです。

前髪の長さで顔の印象は変わります。

例えば、前髪が長いと大人っぽく見え、前髪を短くすると幼く見えます。

前髪の長さや毛量、幅によってどなたでも小顔美人になれます。

 

■顔の形状を認識しよう

顔の形を知ることが小顔美人への近道です。

どんな前髪が似合うのかを知るためには、自分の顔の形を知ることが最初のステップです。

面長な顔の人が前髪を伸ばすと、縦長効果で面長が強調されてしまいます。

丸顔の人が前髪を短くする時は、体型によって顔の丸さが目立ってしまうので気をつけましょう。

自分が面長か丸顔か、または、エラが張った顔なのかなどを鏡でチェックしてみましょう。

 

■前髪パターンの一押し

【1】前髪の長さを目ギリギリ

前髪を目のギリギリの長さにすることで目力が強調され、顔の範囲も狭く見えるので小顔効果があります。

「面長の顔立ち」の方におすすめの前髪スタイルです。

量を重くするとかっこいい雰囲気になりますし、毛量を軽くしてあげると、今流行りのシースルーバングになりやすいです。

丸顔の方やホームベース顔の方などは輪郭を強調しやすいので、前髪を短く切る場合は、眉より上に切ると縦長に見えるのでおすすめです。

 

【2】前髪の横幅を狭く

前髪の横幅を狭くすることで、顔の横幅を狭く見せることができます。

黒目の外側から目じりの間までの横幅までは切り、顔の周りは頬くらいの長さの前髪を作ると、輪郭が矯正されて小顔に見えます。

人気の前髪なので、どんな骨格の方でも似合うスタイルです。

 

【3】前髪つくらない

前髪をつくらない髪型は、縦長の効き目があって小顔にみせることができます。

面長の方が前髪つくると、縦長の印象が強くなるので顔が大きく見えやすいです。

逆に、丸顔や四角い顔立ちの人が、縦長効果で小顔に見えるのでおススメの前髪です。

 

【4】前髪を流す

前髪を流すと、横と縦の両方を調整することができます。

小顔に見せる前髪として評判良いスタイルで、どんな骨格の方々でも似合います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です