車上荒らし真実!車上ねらい被害遭うクルマランキング

車上荒らしの被害者は、車内のカーナビやカバン、ゴルフバックなどをを盗まれています。

「車上狙い(車上ねらい)」と言われるときもあります。

2017年では部品ねらいを含めた車上荒らしの発生件数は82,121件もあったのをご存知でしょうか。

2016年の88,377件よりは減っているとはいえ年間でそんなに多いとは驚きます。

万引きもそうですが、刑罰が軽すぎるから車上荒らしの犯罪が一向に減らない…。

もっとキツイ罰を与えるべきかもしれません。

犯行された側としてはたまったもんじゃない!

そんな中で、興味深いデータがあります。

それは車上荒らしに遭いやすい車種ランキングでして、実は大きく順位が変わっているそうです。

 

■車上荒らしランキング

車上荒らしランキングがあることさえ知らない人が多いでしょう。

実は、日本損害保険協会が毎年の調査結果を発表しています。

それによると車上荒らしに遭った自動車を確認すると、2016年から2年連続1位となったのがトヨタの「プリウス」です。

プリウスは盗難車のランキングでも4年連続1位となっていて、もはや殿堂入りだと申し上げても過言ではありません。

人気車種だから、アフターパーツも引っ張りだこです。

窃盗団たちにとってもお金になるから需要があるのでしょう。

プリウスは、車上荒らしでもターゲットになりやすいということです。

ところで、車上荒らしの被害に遭ったクルマのランキングで大きく変動したの2位からとなります。

2015年のワースト3位は「クラウン・プリウス・ハイエース」、2016年だったのが「クラウン・ハイエース・プリウス」でした。

ところが、2017年からは様相が違ってきました。

車上荒らしに遭ったクルマの第3位はトヨタの「アルファード」がランクインとなりました。

第2位が同じようにトヨタの「ヴェルファイア」がノミネートされました。

これをみると高級ミニバンのクルマが上位に割って入ってきました。

 

■大きく変動した被害品

2017年の車上荒らしの中でも大きく変わってきたのが被害品の対象です。

2016年の年間で被害品1位だったのは「バッグ類」でした。

2017年の1位は「カーナビ類」となりました。

カーナビ被害の被害状況を調査してみると「純正カーナビ」に被害が大半です。

最近では「10万円~20万円」と「20万円~30万円」の被害件数が増加傾向しています。

3万ぐらいの割安な純正メモリーナビですと、yahooのカーナビより性能悪くて役に立たないです。

20万円以上のナビの使い勝手の良さは素晴らしいので、盗難のターゲットになるのも納得してしまいます。

なお、2017年の車上荒らしの被害対象品のナンバー2は釣り具・ゴルフバックなどの「スポーツ用品」でした。

第3位が「バッグ類」でして、なんと3位に転落しました。

4位以降は「タイヤ・ホイール」「金銭やクレジットカード」、バンパーやドアミラー等の「外装部品」となりました。

車上狙いの被害品はこのワースト6で全体のほぼ3分の2を占めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です