残業4~6月に多いと高額?社会保険料を計算する真実

社会保険料は給与から天引きされます。

これの支払いがなければもっとお金をもらえるのに、手取りが多くなってほしいと考えたことは何度かあるでしょう。

都市伝説でときどき噂にきこえることの中に、「4月から6月の間に長時間の残業していると、高い社会保険料を払うことになる」というのは本当でしょうか。

 

■社会保険料が決まる手順

社会保険料は、健康保険や厚生年金のために支払いますが、労働の対価として受け取る給与の金額によって決定されます。

要するに、報酬額が多い高給取り給与であるほど、社会保険料が上昇することになります。

ただし、各自の給与は変動する人もいますから一定額でない場合があります。

そこで、3か月間に受け取った給料を合計して平均額を出します。

この「標準報酬月額」を基本情報にして、保険料が決まります。

 

■4月から6月の給与で金額が決まる?

「標準報酬月額」は、毎年4月から6月のあいだに受け取った報酬の平均額で産出されます。

報酬に当てはまるのはどのような内容でしょうか。

基本給与、通勤手当などの交通費、残業代などの給与手当になります。

また、この標準報酬月額を段階的に分類したのが「標準報酬等級」になります。

標準報酬月額によって決定された社会保険料は、算出した年の9月から翌年8月までの12か月間の支払いになります。

4月から6月に長時間の残業をすることで標準報酬等級が高くなって、社会保険料をたくさん払うことになりやすいです。

 

■4月~6月以外の改訂は?

社会保険料が決まるのは4月から6月以外でもありえます。

改定の条件は他にもあるのです。

入社するときの社会保険資格を取得するとき、基本給の変動が大きいとき、産休や育休がおわるときなどです。

つまり、4月から6月に残業代などで給料を控えたとしても、4月前と7月以降に標準報酬等級が上昇してしまうと基本給の変動することで社会保険料もおのずと変化してきます。

このことを知らないと、社会保険料の支払い料金がふえたときには手遅れです。

社会保険料を計算する方法を知っていたとしても、会社都合で基本給与がわかることもあります。

仕組みについて、ご理解いただけたでしょうか?

4月から6月の残業を減らすと、社会保険料を減額できるケースは少なからずありえます。

しかし、4月から6月以外の収入を考慮すると、今回のテーマになっている4月から6月に「残業しなければ良い」と断言できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です