学校のいじめ解決方法!学校に行くのは無駄!警察・弁護士など何が良い?

子どもが学校でいじめられていることに気が付いた場合、親はどのように行動すべきでしょうか?

即座に学校に向かって確かめに行く、いじめた子どもの親に文句を言いに行くなど、何かしら思いついて行動に移すかもしれません。

実のところこの方法ではいじめは解決しない恐れがあるのです。

もし子どもがいじめに遭っていることがわかった時、親がやるべき行動と心構えについて紹介します。

 

■学校に行かせないこと

子どもが、「学校に行きたくない、いじめられているから…」と言い出したとしたら両親は心配になるでしょう。

そのようなことを聞いたときに、子供に無理させて学校に行かせないことです。

無理矢理学校に行かされるのは地獄だと思います。

親に怒られ家庭にも学校にも居場所が無いなんて事が無いようにいじめられていたら無理に学校に行かせないで欲しいです。

いじめの程度が、子ども同士のケンカ程度ではない場合もあるからです。

子どもが、「学校に行きたくない」と言い出した場合、友人とのささいな仲違い程度ではなく、殴る蹴るなどの暴行による被害や恐喝行為などのお金の被害もあります。

最初にやるべきことは学校に行かせないで休ませるのが大切です。

そして、子どもにこのように告げてあげてください。

「学校に通わなくても構わないよ。いじめってどんな感じなのか、教えてもらえるかなぁ」とやさしく問いかけてみましょう。

時間はかかるかもしれませんが、じっくりと面と向かって待ってあげましょう。

そもそも「学校に行きたくない」と親に告白するのは信頼しているです。

学校に行きたくないという警告SOSを発していると思われます。

どのようないじめを受けている状態なのか、焦らずじっくりと向き合えば話してくれるはずです。

 

■法律に訴える

学校の親との直接対決よりも法的措置のほうが良いです。

いじめの理由や被害状況を話してくれた場合、学校へ申し入れしたり、いじめている子どもの親と話し合うのは控えるほうが無難です。

学校はいじめがあった事実をどうせ認めません。

被害を被ってもいじめを認めない学校側なのですから、学校へ相談するのは意味がないと思われます。

また、いじめている子どもの親と話し合うのも最善な方法ではありません。

いじめている子の親が、自分の子供がいることを認めてその子を叱ったとしても、いじめが過激になることも多々あります。

生徒たちの複数が一人の生徒をいじめる報告が多数挙がっています。

そのため、正義感が強い子が止めに入ると、今度は自分がいじめの対象になってしまうため、子どもたちの誰もが止められなくなっていることが多いのです。

ですから、今の学校には、いじめを解決する力も自浄能力もないと思います。

いじめという名の暴行、恐喝、名誉毀損など…犯罪なのだから、証拠を集めて警察に行くほうが早いようです。

もし警察も役に立たないなら、弁護士に相談するのがいいんじゃないかと思います。

そういうの専門でやる弁護士が出てきてもよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です